同期コンデンサーの市場規模、2027年に5億8028万米ドル到達予測

同期コンデンサーの市場規模は、2019年の5億764万米ドルからCAGR2.6%で成長し、2027年には5億8028万米ドルに達すると予測されています。同期コンデンサーは、調整可能な無効電力を継続的に生成・吸収することで、短絡強度を高め、同期慣性を与えることで周波数安定性を高め、電圧調整と安定性の向上を実現します。電気を機械的な力に変えたり、逆に機械的な力を電気に変えたりするのではなく、機械の持つ無効電力制御能力や同期慣性を利用することを目的とします。産業革命以降、各国のエネルギー生産は、化石燃料に支配されてきました。このことは、地球環境と人間の健康に深刻な影響を与えています。世界の温室効果ガス排出量の4分の3は、エネルギーとしての化石燃料の燃焼に起因しています。化石燃料は、健康問題を引き起こす大量の大気汚染の原因となっており、毎年少なくとも500万人に死をもたらしています。そのため、二酸化炭素の排出を最小限に抑えるために、再生可能エネルギーの利用が増えており、同エネルギーの需要を促進しています。このことが、同期コンデンサー市場の成長を促進しています。

COVID-19パンデミックの同期コンデンサー市場への影響

COVID-19の発生により、2020年の世界経済は大きな打撃を受け、この傾向は2021年も続く可能性があります。このパンデミックにより、物流、小売、電子商取引などの第一次産業に大きな混乱が生じています。さらに、あらゆる産業の生産工場が一時的に閉鎖され、サプライチェーンや物流業界にも混乱が生じています。この状況下で、同期コンデンサーの主要部品のサプライチェーンも制限され、製造に支障をきたしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]