小型内燃機関(ICE)の市場規模、2027年に52億8083万米ドル到達予測

小型内燃機関(ICE)の市場規模は、2019年の44億5014万米ドルからCAGR4.5%で成長し、2027年には52億8083万米ドルに達すると予測されています。同市場は、北米、欧州、APAC(アジア太平洋地域)、MEA(中東・アフリカ地域)、SAM(南米地域)の5つの主要地域に分類されています。2019年、北米地域は、発電、農業、製造、芝刈り・園芸機械の用途で小形内燃機関の普及率が高まりました。また、アジアでは、発電機や輸送用車両の採用が増えたことで、大規模な成長を遂げています。インドや中国などの発展途上国では、人口が増加し、十分なエネルギー源の必要性が高まっていることから、発電や機械の動力源として小型の内燃機関を採用するケースが増えています。中国は、同市場で高いシェアを持つ主要国の一つです。ガソリンエンジンやディーゼルエンジンを搭載した2輪車や3輪車の消費が増加しており、市場の成長を後押ししています。また、イギリス、イタリア、フランスなどの欧州諸国では、クリーンなエネルギー源、燃費の良い小型エンジン、天然ガスへのシフトが進んでおり、これが市場を牽引しています。

米国は技術の早期導入国であるため、他の北米諸国と比較して、芝刈り機や園芸機械、発電機、産業機械、ディーゼルポンプなどの動力機器の導入率が高くなっています。この要因により、メーカーは、幅広い用途に対応する小形ICエンジンの開発に力を入れています。また、市場のプレーヤーは、最大数の顧客に対応し、グローバルな存在感を高めるために、米国でのフットプリントを拡大しています。

欧州市場は、燃料効率の高いソリューションや大気汚染の低減に対する需要の増加により、今後急速に成長すると予測されています。この地域では、エンジン製造業が強い優位性を持っています。しかし、COVID-19の発生により、市場の成長が鈍化しています。欧州の国々は、内燃機関市場の成長のための新たな機会として、天然ガスやハイブリッドシステムに注目しています。新技術の開発プロジェクトは、内燃機関市場に成長機会をもたらすと予想されます。

COVID-19パンデミックの小型内燃機関(ICE)市場への影響

COVID-19の発生により、家庭用電化製品、半導体、自動車、ITインフラなどの第一次産業に大きな混乱が生じています。これらはすべて、小形内燃機関市場の主要な関連産業です。工場の操業停止、渡航禁止、貿易禁止、国境封鎖は、家庭用電化製品や部品の製造と販売の両方にマイナスの影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]