堅牢型携帯電話の市場規模、2027年に39億6079万米ドル到達予想

堅牢型携帯電話の市場規模は、2019年の24億3284万米ドルからCAGR6.5%で成長し、2027年には39億6079万米ドルに達すると予想されています。各国産業界の顧客間で、コネクテッドデバイスや信頼性の高いネットワーク技術に対する需要が高まっています。2G、3G、4Gなどの通信ネットワーク技術は、すでに世界中で確立されています。電子システムの複雑化やスマートフォンへの先進技術の搭載に伴い、ネットワークの容量、遅延、カバレッジのさらなる向上を求める声が高まっています。5Gは、既存の技術を超えた高いパフォーマンスが期待できる無線技術です。韓国、ドイツ、中国、英国、米国など、すでに5Gの導入に成功している国があります。中国では、大手通信事業者のChina Mobile、China Unicom、China Telecomの3社が、一部の都市で5Gネットワークの運用を開始しています。また、GSMAの推計によると、2025年までに中国のモバイルユーザーの約36%が5Gを利用するようになると予想されています。また、韓国では、SK TelecomとKorea Telecomが5Gサービスを開始しています。既存の無線ネットワークと比較して、5Gは、ネットワーク容量、カバレッジ、レイテンシー、バッテリー寿命の全ての技術が、向上することが予測されています。5G技術の成長見通しが明るいことから、各国企業は、エンドユーザーからの要求に応え、競合他社との差別化を図るために、すでに一部のモデルに5G機能の搭載を開始しています。Blackview社、OUKITEL社、Ulefone Mobile社は、5G対応の携帯電話を持つ主要企業です。5Gの導入が進むことで、2020年から2027年にかけて携帯電話市場の拡大が予想されます。

COVID-19パンデミックが北米の携帯電話市場に与えた影響

COVID-19パンデミックの発生により、北米で事業を営む多くの企業が、政府の規制により事業の停止や活動の縮小を余儀なくされ、資金面や物流面での問題に直面しています。この地域は、軍事・防衛、工業、政府・公共安全など、各分野のエンドユーザーが多いため、携帯電話の主要市場となっています。米国では、ロックダウンにより、新製品の発売、研究開発への投資、需要の減少による企業の収益の低下、供給・配送スケジュールの制限などが発生しており、堅牢型携帯電話市場の成長が制限されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]