ラドン検出器の市場規模、2027年に8億7768万米ドル到達予想

ラドン検出器の市場規模は、2019年の5億1488万米ドルからCAGR7.2%で成長し、2027年には8億7768万米ドルに達すると予想されています。COVID-19のアウトブレイクの影響により、同市場の前年比成長率は低下傾向が見られます。しかし、2021年以降は市場は安定的に成長すると予測されています。ラドンは、無臭・無色の放射性ガスです。不動産法に基づき、住宅検査の一環として、住宅地や商業地でラドン検査が行われています。住宅を購入する際には、ホームインスペクションの一環としてラドン検査に合格することが求められます。ラドンのレベルは一定ではなく、季節によって、あるいは家の換気の変化や家の周辺の変化によって上下します。ラドンを長期間浴びると肺がんを引き起こす可能性があります。一方、実際にラドンの影響を受けるには、数年はかかると言われています。EPAの推計によると、ラドンは非喫煙者の肺がんの主な原因となっていると言われています。毎年、肺がんによる死亡者数は約2万1000人と報告されており、そのうち約2900人が非喫煙者であるとされています。世界保健機関(WHO)によると、ラドンは世界中の肺がん患者の15%を引き起こすと言われています。肺がんの発生率を下げるために、WHOは国際的なラドンプロジェクトを開始し、各国がラドン関連のリスクを軽減するため、データを収集し、行動を促すことを支援しています。人口の増加に伴い、住宅や商業施設の建設が急増しており、今後、ラドン検出器の需要が高まると考えられます。学校や職場、住宅地では、ラドン検知器が導入され、タイムリーで正確なラドンレポートを提供しています。ラドンガスは、食器洗い機、シャワー、洗濯機などの使用時に水を介してオフィスや家庭に侵入するとも言われています。

COVID-19パンデミックが北米のラドン検出器市場に与える影響

ラドン検出器は、北米地域が最大シェアを占めると予想されています。この地域には、米国やカナダなどの成長市場があり、主要なプロバイダーの存在と、ラドンの影響に対する意識が高いため、ソリューションの採用率が非常に高くなっています。しかし、米国はCOVID-19の発生により多大な被害を受けており、ラドン検出器市場で活動するプレイヤーの収益と成長にも影響が及びました。今後は、企業が行っている継続的な再構築の取り組みにより、市場はある程度回復するものと思われます。

室内空気質の重要性と意識の高まり

多くの人が家庭や職場などの屋内で過ごすことが多いため、最適な生活環境を確保し、屋内に存在する汚染物質や有害ガスによる健康障害を回避するために、屋内空気環境の重要性が非常に高まっています。ラドン、カビ、圧縮木材製品、受動喫煙などの様々な室内汚染物質にさらされると、肺がんや喘息などの深刻な健康状態に陥る可能性があります。そのため、室内の空気環境は、顧客や企業の経営者にとって重要な関心事となっています。これらの汚染物質や有害物質を定期的に検査、測定、軽減しなければ、室内空気環境の悪化は、居住者の生産性、認知機能、健康、幸福感に悪影響を及ぼします。ラドンは、住宅や商業ビルに高濃度で蓄積する可能性のある放射性ガスの一つです。ラドンに長期間さらされると、肺がんのリスクが大幅に高まります。国際がん研究機関(IARC)は、ラドンをクラス1の発がん性物質に分類しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]