小型空圧装置の市場規模、2027年に27億2570万米ドル到達予測

小型空圧装置の市場規模は、2019年の18億5600万米ドルからCAGR4.9%で成長し、2027年には27億2570万米ドルに達すると予測されています。小型空圧装置は、小型化された空圧部品で構成されており、軽・中荷重の用途や低・中圧の範囲で使用されます。これらのシステムでは、重量とサイズに制約があるため、高精度が求められます。磁気ラッチ式ソレノイドバルブは、従来の高出力バルブが使用されていたアプリケーションにおいて、消費電力を低減するのに適しています。磁気設計ソレノイドは、環境ガスサンプラー、ポータブル酸素供給システム、その他のOEMフロースイッチデバイスなど、バッテリー駆動のコンパクトな空圧機器に適しています。小型空圧の利点は、低摩擦、優れたパワーウェイトレシオ、および容易な入手性などで、市場の成長を後押しする要因となっています。

空圧制御システムの性能は、機器や機械の大きさに基づいています。同様に、ニューマダインメーカーは、小さなパッケージで優れた性能を発揮する小型空圧部品を設計しています。小型空圧バルブ、ソレノイド、継手、およびマニホールドは、軽負荷から中負荷のアプリケーションに使用されるように設計されており、医療機器や歯科機器から実験室の計測器まで、さまざまな機器の動作を制御します。

COVID-19パンデミックが小型空圧装置市場に与える影響

COVID-19パンデミックによるロックダウンの影響で、日用品や商品、サービスの生産量が減少しています。製造業、自動車産業、半導体・電子産業、石油・ガス産業、鉱業、航空産業、その他の産業では、活動の一時的な停止により、操業が滞っています。小型空圧装置市場のプレーヤーも、限られた労働力で運営されているため、数量の減少を余儀なくされており、このことが市場を制限しています。また、工場の一時閉鎖により、2020年の第1四半期には産業界におけるシステムの調達が減少しました。さらに、2021年上半期にも影響を及ぼす可能性があります。

エンドユーズインダストリーからの需要拡大

小型空圧装置が提供するメリットにより、エンドユーズ産業からの需要が高まっています。例えば、小型空圧部品は、腐食への耐性が高く、無酸素空圧継手やバルブは、オイル、微粒子、グリース、その他物質の汚染に強い製品です。自動車に搭載される小型空圧部品の数が増加していることから、自動車の生産台数の増加は小型空圧市場の成長に直結しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]