中電圧ケーブルの市場規模、2027年に245億9110万米ドル到達予測

中電圧ケーブルの市場規模は、2019年の186億9410万米ドルからCAGR4.7%で成長し、2027年には245億9110万米ドルに達すると予測されています。世界的な電力需要の高まりが中電圧ケーブル市場を牽引しています。特に発展途上国での都市人口の増加により、商業、住宅、工業、インフラなどの分野で建設活動が活発化しています。都市化の進展に伴い、発電・配電の需要が高まっており、これが中電圧ケーブルの導入を後押ししています。さらに、再生可能エネルギーによる発電への注目が高まっていることから、新しい電力網や配電線の開発が進んでおり、同市場の成長を後押ししています。都市人口の増加に伴い、住宅、配電、交通、その他のインフラに関する課題を解決するための投資が増加しています。さらに、都市化や工業化に伴い、教育や医療などの基本的な施設に対する需要も高まっています。このような課題に対応するため、各国政府は、基本的なインフラや住宅分野の不足を補うための取り組みを行っています。中電圧ケーブルは電力の送配電に不可欠な部品であるため、今後も市場の拡大が予想されます。

COVID-19パンデミックが中電圧ケーブル市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、エネルギー・電力、石油・ガス、建設、製造などの業界に悪影響を及ぼしています。電子機器や半導体のバリューチェーン全体への影響は広範囲に及び、ケーブル製造に関わる人々にも大きな影響を与えることが考えられます。COVID-19の危機は、現在の電子機器・半導体のバリューチェーンモデルに潜むリスクと脆弱性を浮き彫りにし、ケーブル業界にサプライチェーンモデルの変更を検討させました。原材料のサプライヤーを中国から他国のサプライヤーに移したケーブルメーカーも現れました。ケーブル製造に使用される主要な原材料の一つである銅は、価格が下落しました。このパンデミックを原因とした固定投資、個人消費、産業活動の減少により、世界の中電圧ケーブルの需要は、2020年の第1四半期と第2四半期を中心にやや低下しました。今後は、各国政府による、新たな再生可能エネルギー発電所への投資が増加し、中電圧ケーブル市場の成長を後押しすることが期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]