赤外線カメラの市場規模、2027年に90億5558万米ドル到達予測

赤外線カメラの市場規模は、2019年の52億5970万米ドルからCAGR7.1%で成長し、2027年には90億5558万米ドルに達すると予測されています。航空宇宙・防衛、自動車、ヘルスケアなどの業界では、高度な機械で能力を強化し、顧客に充実したサービスを提供するために、先端技術に多額の投資を行っています。ロシア、米国、フランスなどの企業が、先進的な赤外線カメラを開発しています。米国陸軍による赤外線カメラの調達が増加していることが、同市場の成長を促進しています。また、インド、中国、インドネシアなどの発展途上国では、周辺国との国境紛争の増加に伴い、軍事力の強化が進んでいます。さらに、COVID-19パンデミックが続いていることから、自動車分野でも赤外線カメラの採用が増えています。例えば、中国政府は2020年3月、公共交通機関に温度監視用の赤外線カメラを設置することを計画しました。

COVID-19パンデミックの赤外線カメラ市場への影響

米国には膨大な数の赤外線カメラや部品メーカー、産業があるため、COVID-19パンデミックは、米国の生産や収益に深刻な影響を与えています。製造スタッフの数が減ったことで、生産量が少なくなり、原材料の入手が限られていることや航空宇宙産業の閉鎖も、赤外線カメラ市場の成長に影響を与えています。一方、米国の防衛費が増加していることや、米国陸軍による赤外線カメラの導入が増加していることは、今後数年間、市場に成長の機会をもたらすと予想されます。

国境や空港での赤外線カメラの使用が増加

先進国や発展途上国の政府や国防軍は、侵入者や越境者の防止を目的として、国境警備隊を強化しています。最新の赤外線カメラは、遠くからでも対象物を検知することができるため、治安部隊は不法な入国を防ぐことができます。このような先進的な赤外線カメラの需要は、国防軍や政府の間で継続的に急増しています。そのため、市場のプレーヤーは、製品の開発に注力しています。例えば、IRカメラメーカーとして知られるFLIR Systems社は、2020年に堅牢で高精細な中波長赤外線(MWIR)の国境警備用監視システムFLIR Ranger HDC MRを発表しました。このカメラは、悪天候の中でも不法行為を検出する能力を持ち、内蔵されたコンピューティング分析と画像処理ソリューションを活用して、作業負荷を最小限に抑え、真の脅威と誤報を区別できるようにします。このソリューションは、国境警備隊の間で大きな需要を生み出すことが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]