高速コネクタの市場規模、2027年には56億5842万米ドル到達予測

高速コネクタの市場規模は、2019年の30億3765万米ドルからCAGR8.3%で成長し、2027年には56億5842万米ドルに達すると予測されています。先進国と発展途上国は、デジタル化に向けて通信インフラを強化するため多額の投資を行っています。米国、日本、ドイツの企業は、先進的なコネクタを開発しています。小型化、柔軟性、防水性などの機能を強化した新しい高速コネクタは、通信、航空宇宙、自動車の各業界を席巻しています。また、5Gネットワークの出現と光ファイバ帯域の消費量の増加が高速コネクタ市場の成長を支えています。インド、中国、インドネシアなどの発展途上国では、国内および海外からの航空旅客数の増加に伴い、航空産業が強化されています。高速コネクタは、航空機と空港施設との接続性を向上させます。さらに、データ転送や高速インターネットサービスへのニーズの高まりも、高速コネクタ市場の成長を後押ししています。また、光ケーブルソリューションの進歩により、様々な機器のケーブル接続をサポートする新しい高速コネクタの需要が高まっています。

COVID-19パンデミックの高速コネクタ市場への影響

COVID-19パンデミックは、ほぼすべての国の経済成長を妨げています。生産活動の制限や電子機器の販売減少により、半導体産業は混乱しています。しかし、家庭内での高速ネットワークへのニーズの高まりにより、高速コネクタ市場が受ける影響は少なくなっています。通信・エレクトロニクス分野では、高速コネクタの需要は増加傾向にあります。一方で、パンデミックの影響により、自動車、航空宇宙・防衛、エネルギー・電力などの分野では、高速コネクタの購入が減少またはゼロとなっています。自動車、電子機器、航空機などの販売台数の減少は、高速コネクタの需要を減少させ、同市場の成長を妨げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]