フォント管理ソフトウェアの市場規模、2027年に134億6630万米ドル到達予測

フォント管理ソフトウェアの市場規模は、2019年の34億2770万米ドルからCAGR18.8%で成長し、2027年には134億6630万米ドルに達すると予測されています。2019年の同市場は、北米が圧倒的に多く、次いで欧州、アジア太平洋(APAC)となっています。フォント管理ソフトウェアは、特に出版社、グラフィックデザイナー、Webサイトデザイナー、イラストレーター、インターフェイスデザイナー、パッケージデザイナー、活版印刷業者、書体デザイナー、映画のタイトルやモーショングラフィックデザイナー、工業デザイナー、広告代理店、建築事務所などのほか、組織のIT部門でも使用されています。これらのソリューションの多くは、法的な問題を回避するために、非正規のフォントをプラットフォームから除外する機能を備えています。フォント管理ソフトウェア市場の成長は、デジタルコンテンツの普及と、製品のデザインやパッケージの重要性の高まりに起因しています。

COVID-19パンデミックのフォント管理ソフトウェア市場への影響

COVID-19パンデミックは、テクノロジー、メディア・通信、エレクトロニクス・半導体、小売・電子商取引などの主要分野で混乱を引き起こしています。感染拡大を防ぐための工場閉鎖、渡航禁止、貿易禁止、国境封鎖などにより、スマートフォンやカメラの製造にも影響が出ており、フォント管理ソフトウェア製品の導入が進まない状況になっています。

インターネットの普及とデジタルコンテンツ作成の増加が市場の成長を促進

コンピュータやスマートフォンの低価格化、インターネット接続サービスの低価格化により、世界のインターネットユーザー数は増加しています。Hootsuite社によると、2020年7月時点で、世界のインターネットユーザー数は45億7000万人、すなわち世界人口の59%に達し、平均成長率は8.6%、平均インターネット利用時間は6時間42分となっています。過去10年間、インターネット全体のトラフィックに貢献しているのはアジア地域です。インターネット利用の増加に伴い、企業はターゲットとなる顧客にアプローチするためにデジタルメディアを採用するようになりました。大企業や中小企業は、より多くの顧客を獲得するために、革新的なデジタルコンテンツを作成し、ウェブ上で展開することに傾倒しています。企業は、ウェブでのリーチを拡大するために、定期的にコンテンツを作成して展開することに力を入れています。フォントマネジメントソフトウェアは、デザイナーが静止画や動画のコンテンツを作成する際に広く使用されています。さらに、ブロガーを含むコンテンツ制作者は、ポータルで公開されるコンテンツの品質を高めるために、フォントマネジメントソフトウェアなどのデザインツールを使用しています。このように、コンテンツ制作の需要によるグラフィックデザイン業界の成長が、フォントマネジメントソフトウェア市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]