飛行検査の市場規模、2027年に80億6080万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「飛行検査の世界市場:ソリューション、エンドユーザー(軍用空港、民間空港)別の分析、COVID-19の影響、2027年までの予測」(The Insight Partners)の販売を6月8日より開始いたしました。

飛行検査の市場規模は、2019年の42億8199万米ドルからCAGR8.1%で成長し、2027年には80億6080万米ドルに達すると予測されています。商業および防衛セクターは、航空機の先進技術を強化するために、多額の投資を行っています。米国や英国の企業は、世界市場に向けて先進的な航空機を開発しています。UHF通信やGBASなどの高度なシステムを統合した新しい飛行検査機が、民間空港部門を席巻しています。米国・インド、ロシア・中国、英国・アラブ首長国連邦などの主要国間では、民間航空機に関する貿易協定が増えており、飛行検査市場の成長を支えています。また、インド、中国、インドネシアなどの発展途上国では、国内外の航空旅客数の増加に伴い、航空産業の強化が進んでいます。空港施設では、定期的な飛行検査が必要です。飛行検査システムの進歩により、時間と精度が向上し、航空機の飛行可能性を調べる飛行検査システムの重要性が高まりました。さらに、空港施設の運営を強化し、飛行点検サービスのニーズが高まっていることも、飛行点検市場の成長を後押ししています。Aerodata AGやFCSLなどの製造企業は、空港施設の管理とパフォーマンスを向上させる先進的なソリューションを導入しています。

COVID-19パンデミックの飛行検査市場への影響

COVID-19パンデミックは、ほぼすべての国の経済成長の妨げとなっています。また、国際輸送にも悪影響を及ぼしており、民間航空機市場にも支障をきたしています。輸送や国際交通への制限は航空宇宙産業を混乱させています。パンデミックの影響による、新規航空機の購入や飛行検査システムの導入の減少は、今後数年間の飛行検査市場の成長を抑制する可能性があります。一方、軍用機はこの不況による影響が非常に小さい部門であり、飛行検査市場の需要は安定または増加しています。

発展途上国での採用増加が飛行検査市場の成長を促進

経済成長や国際輸送活動のためには国防や民間航空機の強化が必要です。そのため、各国はGBASや地上システム、通信補助装置などの高度な飛行検査システムの導入に関心を持ち、熱心に取り組んでいます。さらに、民間航空機は国際的な輸送活動において主要な役割を果たしており、GDPにも大きく貢献しているため、各国はその発展に力を注いでいます。発展途上国の経済の著しい成長が、航空分野の発展を支えています。さらに、国内および海外からの旅行者数の増加も、市場成長の機会を生み出しています。旅客数の増加は、市場に有利な機会をもたらしており、そのニーズを満たすために航空会社のサービスは増加しています。発展途上国からの航空サービスに対するニーズの高まりを受けて、空港では運航を効率的に管理するための高度な飛行検査システムの導入が進んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]