デッキ設計ソフトウェアの市場規模、2027年に5億1066万米ドル到達予測

デッキ設計ソフトウェアの市場規模は、2019年の1億8614万米ドルからCAGR14.0%で成長し、2027年には5億1066万米ドルに達すると予測されています。デッキ設計の複雑化に伴い、手作業で作成したデッキ設計は、その正確性を確認する手段がありません。最新のプロセス技術では、設計ルールが非常に複雑になっています。その定義は曖昧で理解しにくいことが多く、チェックデッキのそれぞれの実装には10万行以上のコードを作成し、2年もの期間をかけてデバッグすることもあります。そのため、これらのテストを手作業でコーディングすることは、非常に時間がかかるだけでなく、エラーの原因にもなります。例えば、Sage-DAは統合デザインルール管理(iDRM)ソリューションを発表しました。このソリューションは、最新の革新的な技術に基づいており、複雑なデザインルールを視覚的に素早く捉え、ルールの定義をテストレイアウトに照らし合わせて瞬時に制御することができます。設計者にとっては、iDRM は、ルールを視覚的に分かりやすく説明し、ルールの本来の意図とその適用とを同時にくみ取ることができます。これにより、設計者の作業効率が向上し、ソフトウェアの採用を促進することにつながります。

COVID-19パンデミックのデッキデザインソフトウェア市場への影響

COVID-19ウイルスの蔓延に対処するために世界中で建設活動が中断されたことは、関連技術の新規採用に悪影響を及ぼしました。しかし、不動産会社は、ソーシャルディスタンスの確保のため、住宅や商業施設の設計やレイアウト計画を遠隔で行えるよう、クラウドベースのソリューションを採用する傾向があります。

技術の統合がデッキ設計ソフトウェア市場の成長を促進

デッキ設計ソフトウェアには、人工知能や機械学習アルゴリズムなどの技術が統合されており、その効率性が向上しています。これらの高度なソリューションは、プロが設計したデッキプランを印刷するためのスマートなツールとして機能します。テクノロジーとソフトウェアの統合は、今後のデッキデザインソフトウェア市場の成長にプラスの影響を与えることが考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]