コースオーサリングソフトウェアの市場規模、2027年に19億9295万米ドル到達予測

コースオーサリングソフトウェアの市場規模は、2019年の7億2287万米ドルからCAGR16.2%で成長し、2027年には19億9295万米ドルに達すると予測されています。2019年のコースオーサリングソフトウェア市場は、北米が圧倒的に多く、次いで欧州、アジア太平洋地域となっています。北米は、技術導入の点で成熟していると考えられているため、コースオーサリングソフトウェアの最大市場と予測されています。さらに、米国はネットワークアリーナや組織の間で、大学などとのコラボレーションが行われているため、教育者は進歩した技術へのアクセスが容易になっています。また、米国やカナダなどでは、eラーニングが導入が進んでいます。

COVID-19パンデミックのコースオーサリングソフトウェア市場への影響

COVID-19パンデミックは、各国の経済や産業に影響を与えており、ロックダウン、渡航禁止、ビジネスの停止などが発生しています。大半の国がロックダウンを実施したため、2020年の最初の6ヶ月間は教育分野に悪影響を及ぼしました。その後、eラーニングの導入は一定の成長を見せており、コースオーサリングソフトウェア市場のプレーヤーにとって大きなチャンスとなっています。

クラウドベースのソリューションがコースオーサリングソフトウェアの採用を促進

クラウドベースのソリューションやクラウドコンピューティングの人気が高まっていることや、ユーザーエクスペリエンスの向上や技術ソリューションやサービスの開発・導入に対する意識が高まっていることにより、教育業界や企業関係者の間でクラウドベースのソリューションに対する需要が高まっています。クラウドベースのソフトウェアソリューションは、企業や教育機関に容易なスケーラビリティと高い運用の柔軟性を提供するとともに、全体的なコストと運用リスクを削減します。さらに、進化し続けるクラウドアーキテクチャ、システムアルゴリズム、容易なアクセス、クラウドソリューションの高度な機能の統合により、教育部門を含むさまざまな業種でコースオーサリングソフトウェアの採用が進んでいます。クラウドベースのコースオーサリングソリューションは、高い拡張性、強化されたセキュリティ、運用の柔軟性、容易な導入、アクセスのしやすさ、手頃な価格などのメリットがあり、企業や教育機関で採用が進んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]