コメントシステムの市場規模、2027年に2億3806万米ドル到達予想

コメントシステムの市場規模は、2019年の9139万米ドルからCAGR12.9%で成長し、2027年には2億3806万米ドルに達すると予想されています。COVID-19のアウトブレイクが2020年の世界市場の成長を妨げたため、コメントシステム市場の成長率のも低下が見られました。しかし、2021年以降に回復し、市場は安定的に成長すると予測されています。

アプリケーションのリアルタイム機能は、特にソーシャルメディアのプラットフォームにおいて、インタラクティブで魅力的なユーザー体験を提供します。ユーザーの期待が高まっていることから、リアルタイムコメントシステムの需要が増加しています。各国で多くの人が、Twitter、Facebook、Instagramなどのウェブアプリケーションを利用しているため、ソーシャルメディアプラットフォームやアプリケーション全体に対するユーザーの期待は常に高まっています。これらのプラットフォームは、個人のブランドの製品に対する、感謝あるいは悲しみの両方の意見を伝えるため利用されています。したがって、プラットフォーム上でコメントを通じて提起された事案は、ブランドや企業が顧客を引き付け、そのニーズを満たすために処理されます。リアルタイムのコメントは、顧客からの即時のフィードバックやエンゲージメントを意味し、企業やブランドは迅速なサービスを提供することで、顧客の関心を引くことができます。また、ネガティブなフィードバックや、顧客の評価は、企業がより良い顧客サービスを提供し、市場でのブランド名を維持するのに役立ちます。

COVID-19パンデミックの北米コメントシステム市場への影響

COVID-19パンデミックが米国全土に広がり、あらゆる産業に課題をもたらしています。一方、このパンデミックの間、企業は新旧両方の顧客を惹きつけるため、オンライン戦略を強化していることが確認されています。例えば、COVID-19のパンデミック後に、アマゾンの売上が37%増加したと報告されています。政府当局によるすべての小売店の閉鎖と、ソーシャルディスタンスの確保の規範が、小売店の投資に変化を与えています。例えば、米国のオンライン食料品部門の売上高は、パンデミックの影響で210.1%増加しました。オンラインショッピングへの移行で、Facebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルメディアのオンラインプラットフォームは存在感を高めており、コメントシステム市場を推進すると予想されます。また、米国ではパンデミックの影響で67%以上の企業が在宅勤務を導入しています。リモートワークの普及は、チームの作業やプロジェクトに関する明確なコミュニケーションが必要となり、リアルタイムコメントシステムの需要にプラスの影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]