シーリングファンの市場規模、2027年に161億7219万米ドル到達予測

シーリングファンの市場規模は、2019年の101億8933万米ドルからCAGR6.0%で成長し、2027年には161億7219万米ドルに達すると予測されています。シーリングファンは、空気の循環を促進し、対流による汗の蒸発や熱交換を促進することで冷却効果をもたらします。シーリングファンは、エアコンに比べて消費電力が少ないため、中間層に人気があります。また、コスト面でのメリットに加え、寿命の長さも特徴です。新興国では都市化が進んでおり、新しい住宅の建設が進んでいます。ホームデコレーションのプレミアム製品への支出が増加していることから、交換可能なブレードや照明付きファン、音声制御、タブレットやスマートフォンへの接続などの機能を備えたスマートファンなど、新しい革新的な機能を備えたシーリングファンの需要がさらに高まっています。

2019年には、アジア太平洋地域が市場の最大シェアを占めました。インドや中国などの発展途上国における都市化や工業化の進展は、新しい住宅の建設に大きな役割を果たしています。ここ数年、これらの国の公的および民間の銀行は、低い頭金と金利で住宅ローンを提供しています。顧客は戸建て住宅やマンションの購入に一層支出を惜しまないようになっています。このような新築住宅の購入傾向は、市場に大きなチャンスをもたらしています。さらに、シーリングファンは、特に温暖なアジア太平洋地域の発展途上国において、住宅の電力消費の節約に大きく貢献しています。

COVID-19のシーリングファン市場への影響

COVID-19により、中国の多くの工場が閉鎖されたことで、世界のサプライチェーンに影響が及び、製造や配送のスケジュール、素材の販売に支障をきたし、多くの企業が、製品納入の遅れや製品販売の不振の可能性について発表しています。これらの要因は、家電業界を含む多様な業界の成長を妨げています。

高品質な装飾品への支出の増加

顧客が丈夫で魅力的な家電製品にお金をかける傾向が高まっています。高品質な室内装飾品への支出が増加していることから、層状の照明器具や交換可能なブレードなどの機能を付加したシーリングファンの使用が促進されると予想されます。さらに、Facebook、Pinterest、Instagramなどのソーシャルメディアを利用したキャンペーンにより、家庭用および商業用製品のデザインに対する認識が高まり、インテリア関連の支出が増加していることも、シーリングファン市場の成長にプラスの影響を与えると考えられます。都市部では、3枚または4枚羽根のカスタムメイドのシーリングファンを販売しており、さまざまな装飾用シーリングファンの需要を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]