ケータリングソフトウェアの市場規模、2027年に5億1914万米ドル到達予想

ケータリングソフトウェアの市場規模は、2019年の1億8429万米ドルからCAGR14.4%で成長し、2027年には5億1914万米ドルに達すると予想されています。ケータリングソフトウェアは、最近の新興フードサービスプレイヤーの間で高い人気を集めています。このケータリングソフトウェア市場は非常に細分化された市場であり、小売業者にソリューションを提供している地域および地元のプレーヤーが多数存在しています。2019年には、北米が世界市場を支配し、欧州とAPAC(アジア太平洋地域)がそれに続きました。2020年には、Flex Cateringが、印刷や手書きのチケット注文に代わるデジタルスクリーンの一種であるケータリングKDS(Kitchen Display System)を、レストランやフードビジネスに導入しました。

COVID-19パンデミックのケータリングソフトウェア市場への影響

COVID-19パンデミックは、人と人とのつながりに依存して収益を上げている企業に多大な影響を与えています。このことで、デジタルチャネルを通じたコンバージョン、インタラクション、および収益の促進に注力する企業が出現しました。

Eコマース・プラットフォームの人気上昇

Facebook広告やGoogle広告をはじめとするオンラインマーケティングツールの重要性が高まっていることが、Eコマース業界を後押ししています。インドやブラジルの消費者をターゲットとする企業にとってFacebookは重要なプラットフォームであり、中国の消費者をターゲットとする場合はWeChatがより適切なソーシャルコマースプラットフォームとなります。これらのソフトウェアに広告を掲載することで、オンラインショッピングプラットフォームの利用者が増加しています。さらに、ケータリングソフトウェアは、e-コマース取引の可視性を高めることで、企業が膨大な顧客ベースを獲得するのに役立ちます。例えば、Flex Catering社は、シームレスに統合されたアプリであるeCommerceを提供しており、顧客がオンラインで料理を注文できるだけでなく、包括的なイベント管理ソフトウェアとしても機能します。これにより、顧客はメニューの閲覧、各ウェブサイトでのアカウント管理、オンラインでの注文が可能になります。このように、電子商取引プラットフォームの普及がケータリングソフトウェア市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]