制動抵抗器の市場規模、2027年に111億4190万米ドル到達予測

制動抵抗器の市場規模は、2019年の78億3810万米ドルからCAGR4.8%で成長し、2027年には111億4190万米ドルに達すると予測されています。制動抵抗器またはダイナミックブレーキングレジスター(DBR)は、代替電流(AC)可変周波数ドライブ(VFD)として機能し、エンジンを停止するために加えられる制動トルクの助けを借りて、モーターで発生するエネルギーを分解します。この抵抗器は、制動条件が適用されたときに約800ボルトの電圧を必要とするDCバスにその用途があります。制動抵抗器は、DCドライブシステムやインバーターに使用されるほか、鉄道車両の電気牽引モーターが機関車を減速させる際の発電機としても使用されています。この制動抵抗器はレオスタティックとも呼ばれ、電力を発生させ、その電力が供給ラインに戻されてブレーキグリッド抵抗器の熱として放散されると回生されます。この抵抗器は制動トルクを発生させ、電動機の停止時に発生する余分なエネルギーを吸収します。これらの抵抗器は、クレーン、エレベーター、列車などの可変速駆動システムに使用されます。都市化や産業の発展に伴い、エネルギー消費量は大幅に増加しています。そのため、電力需要の増加に対応するために、副次的な送電網や州内の送電網の整備が進んでいます。家計所得の増加や製造業・重工業の増加に伴うエネルギー・電力需要の高まりが、制動抵抗器の市場を押し上げています。再生可能エネルギーは、電力供給に大きな役割を果たしています。国際エネルギー機関(IEA)によると、世界の電力需要は2040年までに年率2.1%で増加すると予測されています。東南アジアの電力需要は、世界で最も高い水準にあり、再生可能エネルギー分野の可能性を秘めています。これらの要因が、今後の制動抵抗器市場の成長を後押しすると考えられます。

2019年の制動抵抗器市場では、欧州が優位に立っており、今後もその優位性を維持することが予想されています。欧州における技術投資は、英国と欧州連合(EU)の緊張関係による経済減速にもかかわらず、2019年に増加しました。自動車メーカーは、欧州の27カ国に304の車両組立工場と生産工場を有しています。2019年には、商用車と乗用車の生産台数が437万1499台と報告されています。商用車と乗用車の生産台数の増加は、制動抵抗器の統合の需要を急増させます。

COVID-19パンデミックの制動抵抗器市場への影響

COVID-19の出現は、各国の経済や産業に悪影響を及ぼしており、ロックダウン、旅行禁止、ビジネスの停止などが発生しています。さらに、制動抵抗器の主要な購入国が投資を減らし、予算のかなりの部分をCOVID-19パンデミックに対処するために使用しているため、制動抵抗器の需要は著しく減少しています。また、製造施設の一時的な閉鎖も、制動抵抗器市場の成長を妨げています。COVID-19の蔓延が続くことは、今後の市場プレーヤーの成長を抑制すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]