バーコードソフトウェアの市場シェア、2027年に10億4674万米ドル到達予測

バーコードソフトウェアの市場規模は、2019年の6億946万米ドルからCAGR7.1%で成長し、2027年には10億4674万米ドルに達すると予測されています。バーコードは、自動識別技術で、資産管理、荷物の追跡、時間の追跡などに応用されています。バーコードソフトウェアソリューションは、バーコードの設計と生成を支援し、トレーサビリティー機能、スキャン機能を提供するとともに、バーコードを読み取ることができます。リアルタイムのデータ収集プロセスの必要性、物流・輸送やヘルスケア分野でのバーコードの使用の増加が、バーコードソフトウェア市場の成長を促進する主な要因です。

バーコードソフトウェア市場は、アプリケーション、業種、地域別に分類されています。アプリケーション別では、資産管理、荷物追跡、従業員の出勤・退勤管理、その他に分類されています。2020年から2027年の資産追跡セグメントは、CAGR7.3%で成長することが予測されます。業種別では、製造、輸送・物流、小売、ヘルスケア、その他に分類されます。2019年は製造業セグメントが最大シェアを占めていました。今後は、輸送・物流セグメントが高いCAGRを記録すると予測されています。

バーコード技術は、サプライチェーンマネジメントのあらゆる側面を改善・強化し、ビジネス統合プロセスを円滑にします。この技術は、製品の出荷状況を追跡できるためエラーを削減します。さらに、価格も手頃で操作も簡単です。このような利点から、バーコード技術の使用は、特にサプライチェーンマネジメントの分野で人気が高まっています。バーコードソフトウェアによるトラッキングは、時間とコストの削減に役立ち、意思決定のための正確なデータを提供します。数時間を要する在庫管理も、バーコードタグの利用で、荷物の追跡・分析が可能となり、迅速に行うことができます。バーコード技術は、時間を節約し、エラーを削減する手段として、企業間で需要が高まっています。

COVID-19パンデミックのバーコードソフトウェア市場への影響

COVID-19の発生により、家電、半導体、自動車、ITインフラなどの第一次産業に大きな混乱が生じています。これらはすべて、バーコードソフトウェアの主要産業です。工場の操業停止、渡航禁止、貿易禁止、国境封鎖などにより、家電製品・部品の製造と販売の両方に影響が出ています。電子・半導体産業は、サプライチェーンの深刻な混乱に直面している産業の一つです。

効率的なバーコード・スキャニング・ソフトウェア開発キット

多くの企業が高効率で先進的なソフトウェア開発キット(SDK)を提供しています。スマートフォン、タブレット、その他のウェアラブルデバイスをエンタープライズクラスのスキャナに変換するために、各企業はSDKを提供しています。SDKの機能としては、バーコードスキャン、AR(拡張現実)、テキスト認識、IDスキャンなどが挙げられます。これらは、クラウド上ではなくデバイス上で処理が行われるため、全体的なスピードとデータのセキュリティが向上します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]