空港滑走路FOD検出システムの市場規模、2027年に1億6903万米ドル到達予測

空港滑走路FOD検出システムの市場規模は、2019年の1億333万米ドルからCAGR6.5%で成長し、2027年には1億6903万米ドルに達すると予測されています。滑走路上の人為的なもの、技術的なもの、その他の物体などの異物デブリ(FOD)は、航空会社、乗客、空港に損害を与え、数百万の損失を被ることになります。FOD検出システムは、航空会社と乗客の事故や損害を防ぐために開発されました。Navtech社は、レーダーに高性能のFOD150センサーを搭載し、人的負担を軽減しながら自動的にデブリを検知するシステムを提供しています。

また、パートナーシップによる取り組みも盛んに行われており、市場の成長を促進しています。例えば、Plextek社は韓国のパートナーと提携し、FODの脅威に対抗するための費用対効果に優れたスケーラブルなプラットフォームとなるレーダーソリューションを開発しました。同様に、Stratech Group Limited社は、同社のiFerretTMインテリジェント飛行場・滑走路監視および異物・破片検出システムが、オーランド国際空港でのパイロットテストにおいて、費用対効果の高い監視システムの性能評価に選ばれたことを発表しました。同社は、このシステムの導入により、エプロン、誘導路、ターミナル、貨物エリア、滑走路などにおける航空機や地上車両の動きの追跡が可能になるとしています。このプロジェクトは、イリノイ大学空港技術センター(CEAT)と米連邦航空局(FAA)の空港安全技術研究開発サブチームとの間で、空港の安全性を高めることを目的として進められています。このようなパートナーシップは、滑走路におけるFOD検出システムの安全性と監視のニーズを満たすのに役立ちます。

航空機や空港の安全性を高めるための政府の厳しい規制や基準、国防総省による先進技術調達のための支出の増加、空港や滑走路の建設・拡張などが、空港滑走路FOD検出システムの普及を促進しています。さらに、FODのリアルタイムな検出を可能にするAIベースのシステムの登場も、市場成長に貢献する要因の一つです。また、ハマド国際空港、北京大興国際空港、北京首都国際空港などの商業空港にFOD検出システムが導入されていることも、同市場の成長を後押ししています。

COVID-19パンデミックが空港滑走路FOD検知システム市場に与える影響

2020年にいくつかの国で新空港が建設され、滑走路が新設・改修されたことで、空港関連技術の需要が高まりました。しかし、ほとんどの空港の運営が停止しているため、空港滑走路FOD検出システム市場のプレーヤーは、製品の販売や設置した製品のサービスによって利益を得ることに苦労しています。航空関連の収入源が限られているため、空港管理者は技術やサービスへの投資を制限されており、同市場の成長を妨げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]