航空機用アクチュエーターの市場規模、2027年に116億3167万米ドル到達予測

航空機用アクチュエーターの市場規模は、2019年の77億33万米ドルからCAGR6.6%で成長し、2027年には116億3167万米ドルに達すると予測されています。先進国や発展途上国では、航空機を強化するために先進技術への投資が盛んに行われています。米国、日本、ドイツの企業は、世界市場に向けて先進的なアクチュエーターを開発しています。航空宇宙産業では、電気機械式アクチュエーター、電気油圧式アクチュエーター、電気式アクチュエーターなど、新しく改良された航空機用アクチュエーターの人気が高まっています。また、電動航空機やUAVの登場により、航空機システムの電化が進んでいることも、航空機用アクチュエーター市場の成長を支えています。インド、中国、インドネシアなどの発展途上国では、国内外の航空旅客数の増加に伴い、航空産業の強化が進んでいます。航空機用アクチュエーターは、飛行制御システムの性能を向上させ、パイロットの操縦性を高めます。さらに、メンテナンスの必要性が低い軽量なシステムを開発するために、電気機械式アクチュエーターの必要性が高まっていることも、航空機用アクチュエーター市場の成長を後押ししています。Collins Aerospace社やMoog社などのメーカーは、航空機の運航に必要な制御性や性能を向上させた先進的なアクチュエーターを導入しています。また、ナローボディ機の増加に伴い、軽量化システムを支える航空機用アクチュエーターの需要が高まっています。

COVID-19パンデミックが航空機用アクチュエーター市場に与える影響

COVID-19パンデミックが発生すると、民間航空業界全体が停止し、将来を見通すための最小限のリソースしか確保できなくなりました。米国、フランス、ロシア、中国のいくつかの生産拠点は、ロックダウンや物理的な距離を置くことに関する政府の規制を遵守するため、一時的に操業を停止しました。航空機メーカーでは、ほとんどの航空機モデル、特に民間航空機モデルの需要が30〜50%減少しました。このような航空機の生産・組立の減少により、航空機用アクチュエーターの需要が減少しました。ビジネス航空分野でも、ビジネスジェット機の納入台数の減少や、ターボプロップおよびロータリーヘリコプターの需要の減少により、2020年を通して混乱が生じました。このように、航空機製造業界全体で需要が大きく落ち込み、年間成長率が例年よりも低くなっています。ビジネス航空および一般航空の航空機メーカーは、自社製品に対する大きな需要を目の当たりにしていましたが、2020年にはその傾向が一転しました。そのため、航空機メーカーは新型機用のアクチュエーターやその他のシステム・技術を調達することができず、航空機用アクチュエーター市場のプレーヤーは収益を上げることができませんでした。

発展途上国での採用増加が航空機用アクチュエーター市場の成長を促進

各国の経済成長や国際的な輸送活動のためには、民間航空機や航空輸送サービスを向上させ、世界との接続性を高めることが必要です。そのため、各国は、ナローボディ機やビジネスジェット機、その他の旅客機など、先進的な航空機の導入に関心を寄せています。航空機用アクチュエーターは、安定した飛行制御システムや着陸装置を提供するために、航空機の中で重要な役割を果たしています。新興国の経済成長は、航空機産業の発展を支え、同時に航空機用アクチュエーター市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]