コンピュータビジョンにおけるAIの市場規模、2027年に950億8050万米ドル到達予測

コンピュータビジョンにおけるAIの市場規模は、2019年の46億4330万米ドルからCAGR46.9%で成長し、2027年には950億8050万米ドルに達すると予測されています。コンピュータビジョンにおける人工知能(AI)は、自動運転車、顔認識、AR・複合現実、ヘルスケア、情報技術などに利用されています。コンピュータビジョンのAIは、画像取得、画像処理、画像解析・理解の3つのプロセスで動作します。この3つのプロセスを組み合わせることで、企業は成長計画を達成するための意思決定を行うことができます。コンピュータビジョンにおけるAI市場の成長は、統合現実への需要が高まっていることに起因しています。コンピュータビジョンソフトウェアは、バーチャルリアリティ(VR)とオーグメンテッドリアリティ(AR)を次の段階へと発展させ、一部ではマージドリアリティ(MR)と呼ばれています。VRとARのシステムは、大気を認識し、壁や製品、他のユーザーなどの障害物から距離を保つようにユーザーを誘導します。また、ユーザーの目や体の動きを検出して、それに応じてVR環境を採用したり、カメラやセンサーをマッピングしたり、アイトラッキングソリューションやジャイロスコープでユーザーの位置を確認したりして、外部環境の助けを借りてガイダンスや指示を行います。

COVID-19パンデミックのコンピュータビジョンにおけるAI市場への影響

北米は、インフラ能力を強化するための政府政策により、新技術の採用と成長率が最も高い国です。そのため、産業が制限されると、この地域の経済成長も抑制されます。現在、米国はCOVID-19の発生により世界で最も深刻な影響を受けている国となっています。このシナリオは、製造業や自動車を含むすべての産業に影響を与えています。米国、カナダ、メキシコなどの国では、ほとんどの製造工場が閉鎖されており、コンピュータビジョンにおけるAI市場の成長も、同様に妨げられています。一方、この感染症の発生は、COVID-19を検出するための技術の開発を促進しています。医療部門における技術への投資が増加していることが、コンピュータビジョンにおけるAI市場の成長を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]