フィルフィニッシュ製造の市場規模、2027年に125億4723万米ドルに達すると予測

フィルフィニッシュ製造の市場規模は、2019年の61億2903万米ドルからCAGR9.6%で成長し、2027年には125億4723万米ドルに達すると予測されています。フィルフィニッシュは、医薬品製造プロセス全体の中で最終的かつ最も重要と思われる製造工程です。上流のバイオプロセスの後に行われ、下流の精製の後にも行われます。充填工程では、バイアル、アンプル、ボトル、シリンジ、カートリッジなどに、無菌の液体、粉末、懸濁液など、あらゆる形態の生物学的薬剤や医薬品を無菌的に充填します。

市場は、製品、エンドユーザー、地域別に分類されます。地域別には、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中央アメリカに分類されます。

非経口投与用プレフィルドシリンジの普及と生物製剤の需要拡大

非経口投与は、即時的な免疫反応を促し、医薬品のバイオアベイラビリティを100%確保するために選択される最も重要な経路の1つです。非経口薬の開発と市場での入手が着実に増加していることから、投与が容易で費用対効果の高い先進的な薬物送達デバイスの需要が高まっています。フィルフィニッシュ市場では、プレフィルドシリンジの分野が大きく成長しています。従来のデリバリーシステムと比較して、プレフィルドシリンジの利点は、投与が容易であること、安全性が向上すること、正確な投与が可能であること、汚染リスクが低減することなどです。薬物送達デバイスの中でも、プレフィルドシリンジは、投与用に設計された一次包装フォーマットとして最も急速に成長しているものの一つです。過去10年間で、非経口薬の開発が明らかに増加しており、その結果、プレフィルドシリンジの消費量が約3倍に増加しています。

生物製剤は、トップセールスの医薬品の大部分を占めており、現在、最も成長している医薬品分野の一つです。遺伝子組み換えタンパク質を用いた治療法が登場してから30年以上が経過し、生物製剤市場全体は年率12%以上で成長しています。充填工程は製造プロセスの最終段階であり、医薬品製造の中でも最も重要な段階の一つです。生物製剤は、製品の完全性と安全性を確保するために、フィルフィニッシュ作業に特別な手順と機器を必要とします。生物製剤の需要の高まりは、フィルフィニッシュ技術へのニーズをもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]