病院用移動式X線の市場規模、2027年に34億7979万米ドル到達予測

病院用移動式X線の市場規模は、2019年の16億492万米ドルからCAGR10.2%で成長し、2027年には34億7979万米ドルに達すると予測されています。X線技術は、ヘルスケアシステムにおいて、主に診断用途で広く使用されています。X線撮影、放射線治療、透視タイプの手技の一部として、高速で透過性の高い画像を得るために、骨量の多い場所で使用されています。医療用のX線装置には、移動式、据置式、計算機式、直接撮影式などの種類があります。これらのX線装置は、病院、診療所、診断センターなどに設置されています。

慢性疾患の増加に伴い、病院用移動式X線装置の導入が進んでいます。癌、循環器系疾患、筋骨格系疾患は、死亡や障害の原因となる主要な慢性疾患の一つです。2019年に関節炎財団が発表したデータによると、米国では約5400万人の成人が関節炎と診断されています。また、約30万人の新生児や子どもが、関節炎やリウマチ性疾患に罹患しています。2019年に世界保健機関(WHO)が発表した調査によると、世界全体で推定20~30%の人が痛みを伴う筋肉の状態に苦しんでいます。慢性的な症状の有病率の増加は、病院用移動式X線市場の成長を促進します。

予防医療の新時代を迎え、市場関係者や医療従事者のほとんどが移動式X線システムに投資しています。移動式X線システムの導入は、医療従事者と患者の双方にメリットをもたらします。移動式X線システムの主な利点は、重度の健康状態にある患者の余分な移動や輸送を避けることができる点です。移動式X線システムの多くは車輪付きのスタンドを備えていますが、中には電動式のものもあり、技師は簡単かつ迅速にX線システムを運ぶことができます。例えば、キヤノンメディカルが2020年8月に発売した新しいデジタルモバイルX線システムは、ベッドサイドでの検査を効率化し、医療画像処理のワークフローと生産性を向上させることができる技術を備えています。さらに、衝突防止技術や感圧式ステアリングなどのセキュリティ機能を搭載し、安全な撮影を実現しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]