医薬品賦形剤の市場規模、2027年には98億7353万米ドル到達予測

医薬品賦形剤の市場規模は、2019年の65億2174万米ドルからCAGR5.5%で成長し、2027年には98億7353万米ドルに達すると予測されています。医薬品賦形剤は、直接的な治療作用のためではなく、製造プロセス、安全性を保護、サポートあるいは強化し、患者のバイオアベイラビリティや受容性のために、医薬品の剤形に使用されます。また、製品の識別や、保管あるいは使用中の製品の安全性や機能を高めるためにも使用されます。

賦形剤は、医薬品に不可欠な成分であり、主に剤型の構造や薬剤の送達における役割を決定します。また、プロセス能力、審美性、効率性、患者のコンプライアンスなどが、剤形に大きく影響します。そのため、製剤に賦形剤を使用する際には、その品質、安全性、性能の属性を保証し、明確に理解する必要があります。賦形剤の主な役割は、患者の受容性をサポートし、安定性とバイオアベイラビリティを高め、効果を補助することです。

ジェネリック医薬品業界は過去10年間で目覚ましい成長を遂げ、各社は平均以上の利益を達成しています。ジェネリック医薬品は、同じ剤形、安全性、強度、投与経路、品質を持つブランド医薬品の代替品です。例えば、インドはジェネリック医薬品の最大の供給国の一つであり、同国のジェネリック医薬品は世界全体の輸出量の約20%を占めています。2017年には、インドの製薬会社が米国で300件のジェネリック医薬品の承認を受けました。ジェネリック医薬品の販売が世界的に増加していることで、処方箋用賦形剤の需要が高まっています。

パテントクリフにより、何十億ドルものブランド医薬品の売上が特許保護を失い、多くのブロックバスター医薬品が特許切れの危機に瀕しています。後発医薬品企業は、特許が切れると自由に複製品を製造することができ、その価格は先発品よりも最大80%も安くなります。そして、その結果として、開発した企業の利益が急激に失われることになります。しかし、機能性賦形剤の使用により、製薬会社は特許を延長することができます。医薬品業界は、低価格化、ジェネリック医薬品との競合、イノベーションの欠如などにより厳しい状況に置かれる中、賦形剤は、低コストで医薬品の機能性を向上させ、開発やイノベーションを支援し、特許寿命を延ばすことができます。賦形剤は、治療効果やコンプライアンスを向上させることで、製薬メーカーを助け、錠剤の製造に不可欠な役割を果たしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]