ファーマコビジランス・医薬品安全性ソフトウェアの市場規模、2027年に2億9297米ドル到達予測

ファーマコビジランス・医薬品安全性ソフトウェアの市場規模は、2019年の1億6067米ドルからCAGR7.6%で成長し、2027年には2億9297米ドルに達すると予測されています。同市場は、ソフトウェアタイプ、製品タイプ、エンドユーザー、地域に分類されます。地域別には、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中央アメリカに分けられます。

ファーマコビジランスのグローバル化

ファーマコビジランス(Pharmacovigilance)とは、医薬品の副作用を監視・評価するプロセスのことで、効果的な医薬品規制システム、臨床現場、公衆衛生プログラムの重要な構成要素となっています。医薬品副作用(ADR)の報告件数の増加に伴い、取り扱うデータ量も増加しています。現在では、Uppsala Monitoring Centreを中心としたファーマコビジランスセンターのグローバルネットワークが構築されています。ファーマコビジランスは臨床研究の重要かつ不可欠な要素であり、最近では各国で増加しています。最近では、多くのファーマコビジランスセンターが、世界規模で医薬品の安全性監視のために活動しています。一方、ファーマコビジランスは、医薬品の安全性と監視という点で、大きな課題に直面しています。

報告と保管を一元化することで、将来的に医薬品の有害事象を、監視・予防することができます。欧州医薬品庁(EMA)と米国食品医薬品局(FDA)は、市販後の安全性に関連するテーマについて意見を交換し、ファーマコビジランス分野を強化しています。なかでも、バイオシミラー、癌治療薬、希少疾病用医薬品、子供用医薬品、血液ベース製品などを優先的に議題としています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]