細胞治療の市場規模、2027年に125億6323万米ドル到達予測

細胞治療の市場規模は、2019年の72億6050万米ドルからCAGR7.2%で成長し、2027年には125億6323万米ドルに達すると予測されています。市場の成長は、慢性疾患の有病率の増加、再生医療導入の増加、細胞ベースの治療法の承認数の急増に起因しています。しかし、細胞治療の製造コストが高いことが、市場の成長を妨げています。

細胞治療の承認件数の増加

バイオテクノロジーの進歩により、幅広い適応症に対して個別化された治療法が採用されるようになりました。幹細胞治療は、がん、神経疾患、遺伝子疾患などの慢性疾患の治療に用いられています。さらに、細胞治療には、ターゲットを絞った治療、迅速かつ効率的な回復、副作用の軽減などの利点があり、様々な製品の導入が促進されています。北米では、FDA(米国食品医薬品局)の承認を受けた製品があることから、細胞治療が広く普及しています。例えば、2020年4月、FDAはノバルティス社のKymriahを成人の難治性(r/r)濾胞性リンパ腫(FL)の治療薬として再生医療先進治療薬に指定しました。2020年7月、FDAはマントル細胞リンパ腫患者に対するCAR T細胞療法brexucabtagene autoleucel(テカルタス)を承認しました。これはマントル細胞リンパ腫に対するFDA承認の最初のCAR T細胞療法であり、加速承認経路で承認されました。また、テカルタスは希少疾患の治療薬の開発を促進する希少疾病用医薬品の指定も受けています。他に承認されているがんのCAR-T細胞療法は、急性リンパ芽球性白血病のKymriahとびまん性大細胞型B細胞リンパ腫のYescartaです。CAR T細胞療法の臨床試験は世界中で250件以上行われており、膵臓がん、自己免疫疾患、アルツハイマー病、パーキンソン病などの適応症を持つ細胞療法が続々と登場しています。これらが、今後の細胞治療市場を牽引すると期待されています。

治療タイプ別の考察

市場は、治療タイプ別に、同種療法と自家療法に二分されます。2019年は同種療法セグメントが大きなシェアを占めました。これは臨床使用のために承認された製品が相当数あるためです。

製品別の考察

市場は、製品別に、消耗品、機器、システム・ソフトウェアに分けられます。2019年は消耗品セグメントが最大のシェアを占めており、今後も高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]