全身性アスペルギルス・全身性カンジダ症の市場規模、2027年に82億4750万米ドル達成予測

全身性アスペルギルス・全身性カンジダ症の市場規模は、2019年の60億5630万米ドルからCAGR4.0%で成長し、2027年には82億4750万米ドルに達すると予測されています。カンジダ・アウリスは、世界的に深刻な健康被害をもたらす真菌です。米国をはじめとする国で、入院患者に重篤な疾患を引き起こしています。患者は長期間にわたってカンジダ・アウリスのコロニーを維持することができます。また、カンジダ・アウリスは医療環境の表面に残留することがあります。その結果、医療施設内の患者間でカンジダ・アウリスが拡散する可能性があります。2021年のCDCの報告書によると、米国では、エジプト、インド、ケニア、クウェート、パキスタン、南アフリカ、韓国、UAE、ベネズエラの医療施設に滞在した患者からカンジダ・アウリスが検出されています。これは院内感染の可能性があります。カンジダ・アウリスの出現は、病院環境での院内感染や感染対策に関連する最も深刻な問題の一つと考えられています。さらに、CDCは、2019年1月31日時点で、米国内で560例のカンジダ・アウリス感染症が報告されていると述べています。集中治療室(ICU)では真菌感染を制限するための対策を実行しているにもかかわらず、症例は引き続き観察・報告されており、流行パターンの傾向が見受けられます。このことは、カンジダ・アウリスが臨床環境で持続的に感染する能力を持ち、クリティカルケア環境での感染を可能にしていることを示しています。他のカンジダ属と異なり、カンジダ・アウリスは解剖学的に異なる部位(皮膚、腋窩、直腸、便など)にコロニーを形成し、病院内の機器や表面を汚染するため、ICUを中心に拡散、獲得、感染の悪循環が生じています。

また、2020年1月のNCBIによると、外国への渡航回数の増加や、感染が拡大している国での医療機会の増加や、移民の流入が多いことなどが、急速な拡散の要因となっていると報告されています。さらに、公立病院では私立病院に比べて発生頻度が高く、これは過密状態と感染対策の悪化に関係していると考えられます。院内真菌感染症の増加は、同時に全身性アスペルギルス症や全身性カンジダ症を予防する薬剤の需要を生み出しており、同市場の成長を後押ししていると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]