GMPサイトカインの市場規模、2027年に1億5813万米ドル到達予測

GMPサイトカインの市場規模は、2019年の8472万米ドルからCAGR8.1%で成長し、2027年には1億5813万米ドルに達すると予測されています。GMPサイトカインは、細胞療法や遺伝子治療において、様々な種類の細胞の増殖や分化、生体外培養などの治療アプローチに使用されます。さらに、GMPサイトカインは、臨床応用を目的とした組織工学製品にも使用されています。さらに、慢性疾患を治療するための新しい治療法を発見するために、サイトカインに関する広範な研究が行われています。GMPサイトカイン市場の成長は、サイトカインが癌や自己免疫療法に受け入れられていることや、幹細胞治療に貢献できる可能性があることなどに起因しています。しかし、GMPサイトカイン療法はコストが高いため、市場の成長を抑制すると考えられています。

がん治療や自己免疫疾患治療におけるサイトカインの利用拡大

サイトカインは、自然免疫と適応免疫の制御に重要な役割を果たしており、免疫系の細胞が短距離でコミュニケーションをとることを可能にしています。癌患者の免疫系を活性化させるサイトカイン療法は、癌治療に不可欠なパラメータであり、現在の癌臨床研究にも大きく貢献しています。インターフェロン-αは、難治性悪性腫瘍の補助療法として承認されているサイトカインの一つです。サイトカインが、直接的な抗増殖作用やプロアポトーシス作用によって腫瘍細胞の成長を制限することを証明した研究もあります。さらに、さらに、いくつかのサイトカインは、腫瘍細胞に対する免疫細胞の細胞傷害活性を刺激することにより、間接的に腫瘍の成長を抑制しました。癌に対するサイトカイン療法の有効性と、癌の有病率の増加が、2027年までの市場を牽引すると考えられます。

さらに、癌や自己免疫疾患に対するサイトカイン療法を開発するための投資や共同研究の増加も、市場の成長を加速させると考えられます。例えば、2020年9月、Synthekine Inc.は、シリーズファンディングのラウンドを通じて8200万米ドルを調達しました。同社は、がんや自己免疫疾患の治療を目的としたサイトカイン治療薬の開発に取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]