抗凝固薬の拮抗薬の市場規模、2027年に22億7654万米ドル到達予想

抗凝固薬の拮抗薬の市場規模は、2019年の9億2255万米ドルからCAGR12.6%で成長し、2027年には22億7654万米ドルに達すると予想されています。抗凝固薬の拮抗薬は、予定外の手術、抗凝固剤治療の過剰摂取、コントロールできない出血などの特定の状況において、抗凝固剤の効果を逆転させるために必要です。抗凝固薬の拮抗薬は、静脈血栓塞栓症、心房細動(AF)、機械的弁置換、抗リン脂質抗体症候群や第V因子ライデンなどの凝固障害などの病状で使用されます。抗凝固薬の拮抗薬市場の成長は、主に心房細動(AFib)や脳卒中の有病率の上昇などに起因しています。しかし、抗凝固薬の拮抗薬の高価格が市場の成長を妨げています。

心房細動(AFib)の有病率の上昇

経口抗凝固薬は広く使用されており、心房細動患者の血栓塞栓症の予防に高い効果を発揮します。しかし、抗凝固薬の使用は、心房細動患者の出血を引き起こす可能性があり、その出血を防ぐために抗凝固薬の拮抗薬が使用されています。

米国疾病管理予防センター(CDC)によると、米国では2018年の約17万5326件の心房細動患者のうち、約2万5845件が心房細動を死因として亡くなりました。さらに、2030年には1210万人が心房細動に罹患すると予想されています。

欧州心臓病学会(ESC)によると、2016年にはEUの65歳以上の人のうち760万人が心房細動を患っており、2060年には89%増の1440万人に達すると予想されています。また、State of the Nation 2017によると、英国では100万人以上の人が心房細動に苦しんでいます。世界的な心房細動の有病率の高さが、市場の成長を促進すると考えられます。

製品別の考察

抗凝固薬の拮抗薬の市場は、製品別に、プロトロンビン複合体濃縮製剤、ビタミンK、プロタミン、トラネキサム酸、イダルシズマブ、AndeXXaに分類されます。2019年の市場では、プロトロンビン複合体濃縮物セグメントが最大のシェアを占めていましたが、今後はAndeXXaセグメントが最も高いCAGRを記録すると推定されています。プロトロンビン複合体濃縮物は、新鮮凍結血漿に代わる信頼性の高い迅速な代替品として広く使用され、過剰な出血をコントロールします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]