アデノシン三リン酸(ATP)スワブテストの市場規模、2027年に3億6971万米ドル到達予測

アデノシン三リン酸(ATP)スワブテストの市場規模は、2019年の1億9821万米ドルからCAGR8.2%で成長し、2027年には3億6971万米ドルに達すると予測されています。ATP検査は、アグレッシブに成長する微生物のアデノシン三リン酸(ATP)を同定することで、迅速に算出することができます。ATPは、生体細胞内やその近傍に存在する分子で、生体の生産や健康状態を具体的に検査するものです。アデノシン三リン酸(ATP)スワブテスト市場の成長は、医療関連感染症(HAI)の増加や食品の安全性の重視など、主要な推進要因に起因しています。しかし、ATPスワブテスト検査の限界が市場成長を妨げる大きな要因となっています。

COVID-19の蔓延を防ぐための安全対策の実施が、アデノシン三リン酸(ATP)スワブテストの採用を促進しています。さらに、パンデミックの中で、微生物の安全性に焦点が当てられるようになったことが、市場のプレーヤーの成長に有利な機会を提供しています。

食品安全への関心の高まりが市場の成長を牽引

アデノシン三リン酸の利用は、食品・飲料の清潔さと殺菌の主要な指標となります。食中毒の増加は、ATPスワブテスト市場を牽引しています。2020年に発表された世界保健機関(WHO)の推計によると、汚染された食品の摂取により、毎年6億人の新規患者と42万人の死亡者が発生しています。また、10人に1人が安全でない食品の摂取により病気になっています。Center for Science and Environmentが2020年7月に発表したデータによると、食品由来の下痢や汚染された水が原因で、東南アジアでは毎年約70万人が死亡しています。さらに、インド連邦保健省のデータによると、2017年にインドで発生した1649件の疾病アウトブレイクのうち、汚染された食品や水に関連するアウトブレイクは約242件でした。このような食中毒の発生は、食の安全に対するニーズを高め、それがATPスワブテスト市場を牽引しています。

多くの政府機関が、食品汚染や食中毒を防ぐために、食品安全基準の実施に力を入れています。さらに、国際保健機関は政府と協力して、食品の安全性とセキュリティを向上させています。例えば、2019年2月、国連食糧農業機関、WHO、アフリカ連合、世界貿易機関は、食品安全に関する協力関係を強化するために、国際食品安全会議を開催しました。この会議では、食中毒に関する問題や、食品汚染を防ぐための現代技術についても取り上げられました。2011年、米国政府は、食品安全の科学的基準に基づいた食品安全近代化法を制定しました。このような戦略的な取り組みも、今後のATPスワブテスト採用のきっかけになると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]