オルガノイドの市場規模、2027年に34億2040万米ドル到達予測

オルガノイドの市場規模は、2019年の6億8947万米ドルからCAGR22.1%で成長し、2027年には34億2040万米ドルに達すると予測されています。オルガノイドは、幹細胞に由来する微小な自己組織化された三次元組織の培養物です。このような組織は、複雑な臓器のほぼ全てを再現したり、特定の種類の細胞だけを生成するなど、臓器の選択された側面を表現することができます。オルガノイドは、さまざまな種類の細胞を無限に分裂して生み出すことができる幹細胞から作られます。その大きさは、毛髪の直径よりも小さいものから、5ミリ程度のものまで様々です。

市場は、タイプ、アプリケーション、ソース、地域別に分類されます。地域別には、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中央アメリカなどに分類されます。

オルガノイドは、生体内の臓器の構造的・機能的特徴を備えています。この多目的技術により、新しいヒト癌モデルが開発されました。現在では、さまざまな種類のがんを患っている人の腫瘍組織から、無限に増殖するオルガノイドを作ることができます。また、CRISPRを用いた遺伝子改変により、正常なオルガノイドに任意の組み合わせでがん遺伝子を導入することで、がんのオルガノイドモデルを作ることに成功しました。腫瘍オルガノイドは、免疫細胞や線維芽細胞と組み合わせることで、がんの微小環境モデルとなり、免疫腫瘍学への応用が可能になります。また、最近の研究では、オルガノイドが個別化医療のアプローチに役立つことが証明されています。

オルガノイド技術の絶え間ない進歩は、腫瘍や、腫瘍生検から分離した細胞の3次元培養への道を開きました。過去数十年の間に、乳がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん、膀胱がん、肝臓がんなど、さまざまなヒトのがんからオルガノイドが作られました。これらのモデルを用いた研究により、悪性腫瘍の病因や特徴に関する知識が深まっています。絶え間ない進歩により、腫瘍株はますますin vitroで処理されるようになっており、下流のアプリケーションに新しい道を開いています。3Dベースの培養には、従来の2Dのがん由来の細胞株に比べ、多くの利点があります。さらに、研究開発の結果、多数の患者からがんを収集するためには、オルガノイド培養が非常に有効であることがわかっています。オルガノイドは、単一のがん細胞からの抽出・増殖が容易であるため、腫瘍内の多様性を模倣して培養するためにオルガノイドを採用するケースが増えており、今後のオルガノイド市場を牽引すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]