PACSおよびRISの市場規模、2027年に54億4187米ドル到達予測

PACSおよびRISの市場規模は、2019年の28億3665米ドルからCAGR8.4%で成長し、2027年には54億4187米ドルに達すると予測されています。PACS(Picture Archiving and Communication System)は、医用画像の管理、検索、保存、配信を行うシステムです。放射線医学の分野では、診断画像の共有と閲覧に使用されます。RIS(Radiology Information Systems)は、医用画像やその他の関連データを扱うためのソフトウェアシステムです。RISは、放射線画像のオーダーや請求書のデータを記録します。また、PACSやベンダーニュートラル・アーカイブ(VNA)とともに使用され、画像アーカイブ、記録、請求を管理します。

PACSおよびRISの市場は、コンポーネント、展開、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。地域別には、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中央アメリカに分類されます。

画像診断モダリティの発展と診断テストの件数の増加

近年、医療現場では、診断を目的としたさまざまな画像診断手法が開発されています。これは、医療サービスのコンピュータ化に伴い、放射線部門とユーザーとの間のコミュニケーションの効率かつ迅速化に対応したものです。世界保健機関(WHO)によると、医療政策の改善とCOVID-19診断のための医療用画像診断のガイド付きプロトコルにより、世界的に画像診断に基づく処置の数が増加しています。このように、各国で行われている画像診断の数が増加しているため、検査に必要な消耗品の需要が増加しており、今後数年間、PACSおよびRIS市場の成長を牽引すると予想されます。

PACSとRISの製品ベースの洞察

PACSとRISの市場は、製品別にPACSとRISに分けられます。PACSセグメントはさらに、整形外科用PACS、腫瘍用PACS、心臓病用PACS、歯科用PACS、その他に分類されます。2019年には、PACSセグメントが高いシェアを占めました。このセグメントの成長は、放射線治療におけるPACSシステムの採用が増加していることに起因しています。さらに、整形外科のサブセグメントが主要な市場シェアを占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]