埋め込み型センサーの市場規模、2027年に114億1562万米ドル到達予測

埋め込み型センサーの市場規模は、2019年の49億1200万米ドルからCAGR11.1%で成長し、2027年には114億1562万米ドルに達すると予測されています。埋め込み型センサーは、人体内部の力、トルク、圧力、温度などのパラメータを測定するために、医療研究で使用されてきました。これらの高度なセンサーシステムは、サイズが小さく、人体の組織に適合し、物理的な力に耐えられる頑丈さが求められます。また、ワイヤレスでデータを送信できるセルフパワー型でなければなりません。理想的なセンサーシステムは、誤動作や故障の可能性を最小限に抑えることができる、堅牢でわかりやすいものです。医療用センサーの開発における革新、患者のモニタリングと診断のための技術的進歩、生活の質と寿命を延ばすための技術的設計の改善などが、市場の成長を促進すると予想されます。癌や心不全などの病気の発生率が増加していることから、癌の局所的な治療を目的とした新しい埋め込み型デバイスの開発研究が活発化しています。癌は現在、心血管疾患に次いで世界第2位の死亡原因となっています。また、2030年までにがんが死因の第1位になるとの予測もあります。これらの課題を克服するためには、埋め込み型センサーの技術を採用する必要があります。

モバイルヘルスケア技術の導入拡大

モバイルヘルスケア技術は、患者のケアを改善し、医療費を削減する大きな可能性を秘めています。移植可能な技術やウェアラブル技術は、ヘルスケアや健康状態の改善、健康管理やトラッキングの強化に関するリアルタイムな管理を可能にし、モバイルヘルス時代の変革を後押しします。さらに、モバイル技術は、病気の診断と治療のモニタリングに革命を起こします。モバイルセンサーは、私たちの動きや睡眠のモニタリングから、日常生活の中で24時間365日行われている心臓の動きの記録まで、あらゆる場面で役立ち、治療や健康増進のために不可欠なものとなりつつあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]