美容医療レーザーシステムの市場規模、2027年に19億6100万米ドル到達予測

美容医療レーザーシステムの市場規模は、2019年の9億5687万米ドルからCAGR9.6%で成長し、2027年には19億6100万米ドルに達すると予測されています。美容医療レーザーシステムは、脱毛、ニキビや傷跡、肌の若返り、色素性病変、下肢静脈瘤など、さまざまな治療法に使用されます。炭酸ガス(CO2)レーザー、Er:YAG(エルビウム・ヤグ)レーザー、ダイオードレーザー、パルス色素レーザーなど、さまざまな種類のレーザーがあります。

非外科的技術の台頭と新たな治療法の登場により、美容がより身近なものになりました。レーザー技術のおかげで、人々は容姿に自信を持って生活できるようになりました。レーザー治療の利点は、肌の状態の改善、体のパーツの修正、姿勢の矯正などが挙げられます。国際美容整形外科学会(ISAPS)が2020年12月に発表した世界調査によると、美容整形手術は2018年の5.6%に対し、2019年は7.4%の上昇を記録しました。また、2019年には外科手術が7.1%、非外科手術が7.6%増加したことも報告されています。

現在、医療用レーザーシステムは、一般外科、美容外科、歯科、眼科など、さまざまな医療用途で使用されています。米国食品医薬品局(FDA)によると、これらの外科手術はさらに用途別に分類されています。また、

重症度や必要性に応じて、ダイオードレーザー、ファイバーレーザー、ラマンレーザー、中赤外ハイブリッドレーザーなど、さまざまな種類のレーザーが使用されます。技術の進歩により、医療従事者は、がん、心血管疾患、疼痛管理などの適応症に対して、効果的なレーザー治療を提供できるようになりました。さらに、手術後に痛みを伴わずに神経を塞いだり、傷口からの出血を防いだりするためにも、レーザーの使用が拡大しています。このように、医療分野でレーザーを使用することにより、外科医は複雑な外科手術を、出血を抑え、術後の不快感を軽減しながら行うことができます。また、感染症のリスクを減らし、迅速かつ良好に傷を治癒することにもつながります。レーザーの幅広い医療用途とそれに伴うメリットにより、今後も市場は成長を続けるものと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]