歯科診療管理ソフトウェアの市場規模、2027年に40億3080万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「歯科診療管理ソフトウェア市場 – COVID-19の影響と世界市場の分析:2027年までの予測」(The Insight Partners)の販売を6月8日より開始いたしました。

歯科診療管理ソフトウェアの市場規模は、2019年の18億3480万米ドルからCAGR10.9%で成長し、2027年には40億3080万米ドルに達すると予測されています。歯科医療サービスへのアクセスや歯の健康全般について敏感になる要因の一つが歯の喪失です。Public Health Systems社の調査によると、成人や高齢者における部分的、または完全な歯の喪失の発生率は、1970年代初頭から減少しています。患者の大半は、歯周病、虫歯、怪我、事故などの要因で歯を失って苦しんでいます。虫歯や歯周病の有病率や再発率の上昇により、歯内療法の需要が高まっています。世界保健機関(WHO)のGlobal Burden of Disease Study 2017によると、全世界で23億人の成人が永久歯のむし歯に悩まされ、5億3000万人以上の子どもが乳歯のむし歯に悩まされていると報告されています。2018年9月に発表されたNHS Digitalの統計によると、5~9歳の子どもの虫歯による入院件数は、2015~2016年の2万5875件から2017~2018年には2万6111件に増加しています。英国の成人の45%以上が、歯を失う原因となる歯周病に罹患しています。歯の問題は軽度であっても、患者の生活の質に影響を及ぼす可能性が高いと思われます。歯に関する問題が多く発生していることから、今後数年間、歯科診療管理ソフトウェアの導入が進むと考えられます。

高齢者人口の増加

ここ数年の医療サービスの進歩に伴い、世界各地、特に発展途上国では、高齢者人口が継続的に増加しています。高齢者は、歯科疾患を発症しやすい傾向にあります。これはおそらく、口腔内の健康状態や口腔内での健康行動が加齢に伴い変化していることに加え、晩年のストレスの増加やその他の社会経済的な要因によるものです。高齢化社会の拡大に伴い、専門的な歯科治療の必要性が求められています。高齢者は、ドライマウス、虫歯、歯周病、歯の喪失、義歯による口内炎、関節炎、薬剤による歯科疾患などに悩まされています。個人のニーズを満たすためのプロトコルを構築するには、必要な部門での歯科診療管理ソフトウェア市場の統合が必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]