肥厚性瘢痕およびケロイド状瘢痕治療の市場規模、2027年に99億7269万米ドル到達予測

肥厚性瘢痕およびケロイド状瘢痕治療の市場規模は、2019年の44億9899万米ドルからCAGR10.6%で成長し、2027年には99億7269万米ドルに達すると予測されています。肥厚性瘢痕とは、損傷によって生じる肥厚し広く隆起した瘢痕のことです。肥厚性瘢痕は、通常、外傷や傷害に対する異常な反応の影響を受けます。ケロイドは、外見が盛り上がった赤みを帯びた小結節で、傷害部位に発生します。ケロイドは体のどの部分にも発生する可能性がありますが、胸の上部、肩、背中の上部が最もケロイドになりやすいと言われています。

市場は、瘢痕タイプ、製品タイプ、エンドユーザー、地域別に分類されます。地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分けられます。

COVID-19の影響で、各国でロックダウンが課され、非必需品の医療製品のサプライチェーンが制限されており、同市場の成長は鈍化すると推測されます。パンデミック状況下では、傷跡治療が間接的に禁止されており、エステティック業界にもマイナスの影響を与えています。

レーザー治療の利点

技術の進歩により、肥厚性瘢痕およびケロイド状瘢痕治療には、585nmのPDL、532nmのQスイッチNd:YAG、CO2レーザーなどのレーザーが使用されるようになりました。レーザー治療は、手術後の瘢痕形成を予防し、痛みやかゆみを軽減し、瘢痕によって制限されていた動きを可能にします。この治療法は、火傷による肥厚性瘢痕およびケロイド状瘢痕治療に広く採用されています。2020年1月に発表されたLaser Management of Hypertrophic Burn Scars: a Comprehensive Reviewによると、肥厚性瘢痕の70%以上が、火傷による損傷によるものでした。火傷は主に公衆衛生問題に起因しています。毎年、熱傷、電気熱傷などを原因として、約26万5000人の死亡が報告されています。さらに、火傷の発生件数の90%は、低・中所得国で報告されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]