マイクロプレートリーダーの市場規模、2027年に7億440万米ドル到達予測

マイクロプレートリーダーの市場規模は、2019年の5億3450万米ドルからCAGR3.6%で成長し、2027年には7億440万米ドルに達すると予測されています。マイクロプレートは、別々の反応が行われる小さなウェルで構成されています。マイクロプレートリーダーは、マイクロプレートのウェル内で起こる生化学的または物理的な反応、特性、分析物を推定するために使用される実験機器です。リーダーは信号を検出し、目的のパラメータを定量化します。マイクロプレートリーダーを使用することで、作業時間の短縮や試薬コストの削減が可能となり、研究者はより多くの時間をデータ解析に充て、実用的な知見を得ることができます。マイクロプレートリーダー市場の成長は、製薬業界における研究開発活動の活発化や、感染症の発生率の上昇に起因しています。しかし、先進的なマイクロプレートリーダーはコストが高く、市場の成長を抑制する要因となっています。

マイクロプレートリーダー市場は、COVID-19のパンデミックの中で大きな成長を遂げています。新型コロナウイルスに関する研究開発や診断活動が活発化していることが、市場成長の大きな要因となっています。また、世界的にワクチン開発に力を入れていることも、市場の成長に有利な機会をもたらすと考えられます。

感染症の増加がマイクロプレートリーダー市場の成長を促進

感染症は世界の主要な死因の一つです。WHOの推計によると、毎年300万~500万人がインフルエンザで重症化し、65万人が亡くなっています。感染症患者は、入院患者や臨床診断の対象の大部分を占めています。例えば、CDC(米国疾病管理予防センター)によると、2017年に米国では1550万人が感染症で医師の診断を受けています。臨床診断は、初期症状や危険因子の検出に役立ち、早期の介入を可能にします。診断検査は、スクリーニング、疾病予防、早期診断、原因となる病原体の特定など、診断の各段階に影響を与えます。マイクロプレートリーダー市場は、感染症の発生率の増加と、診断ラボにおける自動化プラットフォームの導入の増加に牽引されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]