胃不全麻痺の市場規模、2027年に60億2511万米ドル到達予測

胃不全麻痺の市場規模は、2019年の43億3861万米ドルからCAGR4.3%で成長し、2027年には60億2511万米ドルに達すると予測されています。胃不全は、胃が通常の方法で食物を排出できないことを特徴とする病状です。迷走神経や、胃の運動に関連する筋肉の損傷によって引き起こされます。この症状は、糖尿病患者によく見られます。胃不全は、その原因によって、糖尿病性、特発性、術後性に分類されます。これ以外にも、ウイルス感染、神経関連疾患、麻薬や抗うつ剤の過剰摂取、アミロイドーシスなども、胃不全麻痺の原因となります。

COVID-19のパンデミックにより、市販薬や処方薬のサプライチェーンが混乱しており、今後数四半期の市場成長を制限する可能性があります。さらに、医療従事者や医療業界がCOVID-19を重視するあまり、胃不全麻痺の診断や治療への関心が低くなっており、市場成長を制限する要因となっています。

高齢者の増加による胃不全麻痺治療の需要の高まり

胃排出は、胃近位部、胃遠位部、十二指腸の運動機能の連携に関連しています。これらの内臓は、栄養素と小腸との相互作用によって生じる神経信号のフィードバック機構によって制御されています。加齢に伴い、恒常性維持機能が低下するとともに、胃内容排出が遅くなります。さらに、運動機能や感覚機能にも影響を及ぼします。また、高齢者は内服薬の吸収が悪く、食欲の調節ができず、食後の血糖値が上昇するなど、胃不全に陥りやすいと言われています。World Population Prospectsの2019年改訂版によると、2050年には6人に1人が65歳以上の高齢者になるとされています。さらに、欧米では2050年に4人に1人が65歳以上の高齢者になると予測されています。また、80歳以上の高齢者の数は、2019年の1億4300万人から2050年には4億2600万人に達するといいます。このように、高齢化社会の継続的な増加と、胃排出に関連する問題が増加していることが、胃不全麻痺市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]