遠隔歯科医療の市場規模、2027年に26億1450万米ドル到達予測

遠隔歯科医療の市場規模は、2019年の6億6713万米ドルからCAGR17.1%で成長し、2027年には26億1450万米ドルに達すると予測されています。高齢者人口の増加と、高度な歯科医療への需要の高まりが、市場の牽引要因となっています。近年、人々は早期発見と費用対効果の高い治療アプローチを求めています。また、医療アクセスの増加は、遠隔歯科医療市場の全体的な成長の重要な要因となっています。技術の進歩と政府の資金援助の増加、歯科・口腔ケアの拡大も市場成長を支える不可欠な要因です。

市場は、コンポーネント、配信モード、エンドユーザー、地域別に分類されます。地域別には、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米などに分類されます。

口腔疾患は、痛みや不快感、外見上の醜さを引き起こすことで、生涯にわたって大きな負担となり、人々に影響を与えています。口腔疾患は、2020年には約35億人が罹患していると言われています。また、5億3千万人以上の子どもがむし歯に苦しんでいると報告されています。さらに、歯周病は、先進国および発展途上国の人口の約20~30%に影響を与えており、約23億人が永久歯のむし歯に悩まされていると言われています。口腔疾患の治療には費用がかかるため、ほとんどの国で保険適用外となっています。しかし、通信技術を介して遠隔地にいる臨床医と患者との間の仮想訪問が可能になり、発展途上国でも健康に関するアドバイスや相談を受けることができるようになりました。

COVID-19パンデミックの遠隔歯科医療市場への影響

COVID-19パンデミックは、遠隔歯科医療市場に多大な影響を与えると推測されます。このパンデミックがもたらした課題は、歯科医療従事者や口腔医療コミュニティに、新たな機会を提供しています。口腔医療業界は、価値に基づいたケアを受け入れ、歯科用アプリケーションに通信システムを組み込む方向にシフトし始めています。政府からの支援と民間・公共部門からの投資により、米国を中心に遠隔歯科医療市場は拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]