医療用サイクロトロンの市場規模、2027年に2億3821万米ドル到達予測

医療用サイクロトロンの市場規模は、2019年の1億8000万米ドルからCAGR3.6%で成長し、2027年には2億3821万米ドルに達すると予測されています。医療用サイクロトロンとは、粒子加速器のことです。サイクロトロンは、産業用、研究用、医療用に使用される荷電粒子ビームを生成する電動式の機械です。医療用サイクロトロンでは、医療用画像処理のための放射性同位元素の製造に使用されるビームを生成します。様々な医療用サイクロトロンが、治療やその他の医療用途に使用されるSPECTやPositron Emission Tomography(PET)のアイソトープの製造に使用されています。

市場は、タイプ、容量、エンドユーザー、地域別に分類されます。地域別には、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分けられます。

正確な診断を目的とした核医学検査への関心の高まり

核医学は、非侵襲的に患者の生理学的プロセスを調べたり、病気を診断したりするための機器や放射性医薬品を開発・使用する高度な専門分野です。核医学薬は、がん、心臓病、精神疾患、消化器疾患などの病気の治療に使用されます。また、手術や生検などの侵襲的な診断を必要とする多くの疾患の診断にも使用されます。年間で5人に1人の患者が核医薬品を使用していると言われ、10人に1人が放射性物質を使用していると言われています。核医学診断検査を利用する人の数は、その精度の高さなどから、今後数年のうちに増加すると予想されています。また、PET・SPECTとの技術的な互換性やシールドを内蔵した先進的な機器の登場により、これらの機器の採用が促進されています。さらに、心血管疾患(CVD)の罹患率の高さが核医学の市場を後押ししています。CVDは、年間1790万人以上の死者を出していると報告されています。特定の疾患を対象とした治療法は、臨床現場での導入が容易であり、分子イメージングによるアプローチは、高い有効性と副作用の少なさという利点があります。分化された癌の種類の中で、甲状腺癌は、診断や治療の対象となる最も一般的なタイプの一つです。分子イメージングは、患者の細胞や組織の生物学的特性を視覚的に表現、分類、定量化するのに役立つため、甲状腺がんの診断や治療において重要な役割を果たしています。この方法を用いることで、医療従事者は個別の健康管理を行うこともできます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]