オメガ3濃縮物の市場規模、2027年に27億320万米ドル到達予測

オメガ3濃縮物の市場規模は、2019年の16億3539万米ドルからCAGR6.6%で成長し、2027年には27億320万米ドルに達すると予測されています。オメガ3濃縮液は、DHAとEPAを提供する高純度のオイルです。利便性が高く、心血管、目、脳などの健康に役立つことから、オメガ3濃縮液の需要が高まっています。また、消費者の健康志向の高まりも、市場拡大の一助となっています。人々が健康的なライフスタイルを好むようになったことで、オメガ3濃縮物のメリットがよく知られるようになりました。オメガ3脂肪酸は、心臓病のリスクを低減するのに役立ち、運動や食事の際に使用され、トリグリセリドのレベルを低下させ、HDLコレステロールのレベルを上昇させます。血液中のトリグリセリドの増加は、動脈硬化の進行を促進し、最終的には心血管疾患のリスクを高めることになります。さらに、オメガ3濃縮物は、うつ病や不安症の軽減、目の健康増進、メタボリックシンドロームの軽減、炎症の抑制、がんの予防など、さまざまな健康効果をもたらします。さらに、心血管疾患や癌などの疾病の増加も、オメガ3濃縮製剤の需要を高めています。

オメガ3濃縮物市場は、地域別に、北米が最大シェアを占めると予想されます。北米地域は、米国、カナダ、メキシコなどの先進国で構成されており、国内外の企業が強力な足場を築いています。BASF SE、AlaskOmega、Golden Omega S.A.などが、北米のオメガ3濃縮物市場に存在する主要な市場プレーヤーです。これらの企業は、新しい消費者を惹きつけ、この地域の消費者層を広げるために、特性や品質を向上させたオメガ3濃縮物の開発に取り組んでいます。病気のリスクを減らし、健康を維持しようとする消費者の意識の高まりが、北米のオメガ3濃縮物市場を牽引する主な要因です。米国やカナダの消費者は、健康的なライフスタイルを志向しており、効果のある製品を好んでいます。オメガ3濃縮物は、心血管疾患のリスクを低減し、目と脳の健康を増進します。また、オメガ3濃縮物に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)は、高タンパクで栄養価が高いため、機能性食品やダイエット食品に注目する北米の消費者からも好まれ、オメガ3濃縮物の需要の増加につながっています。

COVID-19のオメガ3濃縮物市場への影響

食品・飲料業界は、COVID-19の影響によるサプライチェーンの断絶や製造業の混乱に見舞われている主要なビジネスの一つです。アジア太平洋地域や欧州を代表する工場やプラントのロックダウンは、世界のサプライチェーンに影響を与え、商品の製造、配送スケジュール、販売に悪影響を与えています。これらの要因は、オメガ3濃縮物市場の成長にも多大な影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]