缶スープの市場規模、2027年に64億9495万米ドル到達予測

缶スープの市場規模は、2019年の48億8904万米ドルからCAGR3.8%で成長し、2027年には64億9495万米ドルに達すると予測されています。すぐに食べられる食品への高い需要、食の嗜好の急速な変化、健康への関心の高まりなどが、缶スープ市場の成長を後押ししています。缶スープは、すぐに食べられる便利な食品であり、市場で簡単に入手することができます。缶スープの加工は簡単で、調理にかかる時間も短くて済みます。また、消費者に受け入れられやすく、ブランド認知度も高いことから、最近では輸出ビジネスも拡大しています。さらに、労働人口の増加や、健康に良いとされる加工食品への嗜好の高まりが、缶スープの需要を押し上げています。中国やインドなどのアジア太平洋地域の発展途上国では、農村部の人口が都市部にシフトしていることも、消費財の需要を増加させ、缶スープ市場の成長につながると考えられます。

2019年の缶スープ市場では、北米が最大シェアを占めています。北米では、肥満の増加や健康意識に関するキャンペーンにより、天然で新鮮な材料を使用してパッケージ化されたスープの需要が高まっています。同時に、缶スープの需要も増加しており、消費者は様々な味を入手することができます。製品の種類の増加、健康的な製品の消費の急増、地域の主要企業によるプロモーションなどにより、北米での缶スープの需要は増加しています。

COVID-19の缶スープ市場への影響

COVID-19のアウトブレイクは、2019年12月中に武漢(中国)で初めて報告されました。2021年1月の時点

食品・飲料業界は、COVID-19による影響で、サプライチェーンの寸断、テクノロジーイベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われている主要産業の一つです。すでに様々な企業が、製品の納入遅延や今後の販売不振の可能性を発表しています。また、欧州、アジア、北米の国々が世界的な旅行禁止令を発令したことにより、ビジネス上の協力やパートナーシップの機会が妨げられています。これらの要因はすべて産業を制限しているため、缶スープ産業に関連する市場の成長も制限を受けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]