圧力容器用複合材の市場規模、2027年に35億3995万米ドル到達予測

圧力容器用複合材料の市場規模は、2019年の7億5836万米ドルからCAGR21.4%で成長し、2027年には35億3995万米ドルに達すると予測されています。圧力容器用複合材料は、高圧下で気体や液体を貯蔵するための圧力容器として使用されます。複合材料とは、マクロスケールで組成や形状が異なる材料を組み合わせたもので、互いに溶解したり、完全に融合したりすることはありません。効率性を高め、大量の材料を節約することができ、

そのため、石油精製、原子炉、自動車、ガスボンベ、航空宇宙など、さまざまな産業で必要とされています。

2019年の圧力容器用複合材料市場は、アジア太平洋地域が最大シェアを占め、欧州がそれに続きました。アジア太平洋地域の市場成長は、同地域における自動車生産台数の増加、中国やインドなどにおける発電所数の増加、CNG車、水素自動車、ガス輸送などのエンドユース産業からの需要増加などが主な要因となっています。現在、アジア太平洋地域の主要企業は、エネルギー供給の需要増に対応するため、再生可能エネルギーへの投資を積極的に行っており、近い将来、圧力容器の需要をさらに押し上げると予想されています。急速な工業化と膨大な電力需要が、圧力容器用複合材料市場の成長を促進する主な要因となっています。

COVID-19の圧力容器用複合材料市場への影響

化学・素材産業は、COVID-19パンデミックによる、サプライチェーンの寸断、技術イベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われている主要産業の一つです。すでに様々な企業が、製品の納入遅延や今後の販売不振の可能性を発表しています。また、欧州、アジア、北米の国々が渡航禁止措置を取っているため、ビジネス上の協力やパートナーシップの機会が妨げられています。これらの要因は、化学・素材産業に悪影響を及ぼすことが予想され、関連する市場の成長を抑制する要因となっています。

天然ガス自動車の増加

天然ガス自動車(NGV)は、複合圧力容器に貯蔵された液化天然ガス(LNG)または圧縮天然ガス(CNG)を使用します。NGVは複合圧力容器と結合しているため、NGVの使用が増加することで、今後の圧力容器用複合材料市場の成長が促進されると考えられます。天然ガスは、輸送用燃料として、広範な流通インフラ、国内供給、温室効果ガスの排出量が少ないなど、さまざまな利点があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]