航空宇宙用コーティングの市場規模、2027年に29億2450万米ドル到達予測

航空宇宙用コーティングの市場規模は、2019年の18億781万米ドルからCAGR6.3%で成長し、2027年には29億2450万米ドルに達すると予測されています。航空機は高い気候ストレスに耐えなければならず、金属表面にダメージを受けるため、頻繁に修理やメンテナンスが必要となります。航空宇宙用コーティングは、腐食、紫外線、太陽熱、霧、その他の悪天候への耐性を高めます。また、航空機を腐食や化学的浸食から保護します。さらに、頻繁な環境変化も、コーティングの必要性を高める要因となっています。航空宇宙用コーティングは、温度変化、気圧変化、空気の不安定さから、機体を保護するため設計されています。

2019年の航空宇宙用コーティング市場は、北米が最大シェアを占めました。米国の航空宇宙産業は年々成長しており、ここ数年、様々な航空宇宙企業が出現しています。この地域では、政府によるコーティング製品に対する厳しい規制により、ポリウレタン航空宇宙コーティングの需要が高まっています。また、軍事・防衛分野への支出が増加していることも、北米の航空宇宙コーティング市場の成長を後押ししています。さらに、空の旅の増加に伴う民間航空機の需要や、排出ガスレベルの低減に向けた研究開発プロジェクトの進行が、北米の航空宇宙用コーティング市場を牽引しています。

COVID-19の航空宇宙用コーティング市場への影響

化学・素材、航空宇宙などの主要産業では、COVID-19の影響による、サプライチェーンの寸断、技術イベントの中止、オフィスの閉鎖などの深刻な混乱が発生しています。主要な地域の様々な工場が閉鎖されたことで、世界のサプライチェーンは影響を受け、製造工程、納期、販売に支障をきたしています。これらの要因は、化学・素材、航空宇宙産業の成長を減速させ、関連産業の市場の成長を抑制すると予想されます。

北米における航空宇宙用コーティングの需要拡大

北米は、航空宇宙用コーティングの最大市場です。この地域では、米国の航空宇宙産業の活況と、航空宇宙産業の主要企業の台頭により、航空宇宙用コーティングの需要が高まっています。Airbus、Lockheed Martin、Boeingなどが市場の主要なプレーヤーです。さらに、北米諸国の政府による支出の増加が、軍事用航空宇宙コーティング製品の需要を押し上げると予想されます。また、カナダやアメリカなどで、商業航空産業が成長していることも、市場の需要を増加させる要因となっています。中国、フランス、ドイツなどへ航空宇宙部品の輸出が増加していることも、北米の航空宇宙産業の生産活動を後押ししています

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]