油圧シールの市場規模、2027年に57億7071万米ドル到達予測

油圧シールの市場規模は、2019年の39億5009万米ドルからCAGR4.9%で成長し、2027年には57億7071万米ドルに達すると予測されています。油圧シールは、油圧シリンダー内の複数の部品間の開口部を封じるために利用されます。シールは、機械加工または成形され、高度なシミュレーションソフトウェアを使用して慎重に設計されています。油圧シールは、ポリウレタン、ゴム、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)など、さまざまな材料で作られています。この材料は、流体、熱、および摩耗に対して高い耐性を持っています。油圧シールの主な役割は、作動油の保持、ロッドとピストンの固体や液体の混入を防ぐアライメントの維持、油圧の維持です。油圧シールは、航空宇宙、自動車、農業、建設、石油・ガス、海洋、化学など、さまざまな最終用途産業で使用されています。

2019年の市場では、アジア太平洋地域が最大シェアを占めています。工業化と都市化の進展が、この地域の市場における優位性につながっています。航空宇宙、自動車、海洋、農業など、さまざまな産業分野の急激な成長が、油圧シールシステムの需要に影響を与えています。現在、アジア太平洋地域では石油・ガス産業が拡大しています。IOGPのGlobal Production Report 2019によると、石油・ガスの需要はアジア太平洋諸国でピークを迎えています。同様に、この分野で使用される機器の需要も高く、その機器には、オイルの漏れを防ぐ優れたシールが必要です。油圧シールは、シリンダー内のガスの漏れを防ぐのに重要な役割を果たします。また、油圧シリンダー内の動きに必要な圧力を発生させるためにも、シールは重要な役目を果たします。

製造業は、COVID-19のアウトブレイクの影響で、サプライチェーンの断絶、技術イベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われている主要産業の一つです。北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカなどの主要地域では、さまざまな工場やプラントの閉鎖、サプライチェーンの制限により、生産活動や配送スケジュール、各種商品の販売に支障をきたしています。これらすべての要因が製造業を混乱させ、最終的には油圧シール市場の成長を抑制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]