不凍液の市場規模、2027年に96億341万米ドル到達予測

不凍液の市場規模は、2019年の62億8033万米ドルからCAGR5.6%で成長し、2027年には96億341万米ドルに達すると予測されています。不凍液は、水性液体の凝固点を下げるのに役立つ添加剤の一種です。不凍液の混合物は、寒冷環境における凝固点降下を得るために使用されます。また、液体の沸点を上昇させ、より高い冷却水温度を提供するために使用されます。主に自動車の液冷エンジンの内部に設置された燃焼器の冷却水の凝固点と沸点を変化させるために使用され、有機酸、アゾール類、無機塩類、またはこれらの組み合わせから開発されます。さらに、凍結により膨張した剛体が破裂するのを防ぐのにも役立ちます。エチレングリコール不凍液は、極端な寒さや暑さの中で、最適な動作温度を維持するためにエンジンに送り込まれる液体のベースとして使用されます。

2019年の不凍液市場は、アジア太平洋地域が最大シェアを占めました。この地域における市場の成長は、強力な産業基盤と主要メーカーの存在が主な要因となっています。中国やインドなどの発展途上国における自動車産業の成長が、この地域の市場の成長を後押ししています。アジア太平洋地域では、零細・中規模企業による物資輸送の需要が増加しており、凍結や腐食からの保護を目的として、不凍液が採用されています。

COVID-19不凍液市場への影響

COVID-19パンデミックは、ロックダウン、渡航禁止、事業停止などにより、様々な国の経済や産業に支障をきたしています。さらに、ヨーロッパ、アジア、北米の国々が渡航禁止措置を取っているため、ビジネス上のコラボレーションやパートナーシップの機会が失われています。これらの要因は、化学・素材産業にマイナスの影響を及ぼし、不凍液市場の成長を抑制しています。

高性能車の需要の高まり

高性能車の需要が増加していることが、市場の成長を促しています。高いポテンシャルを持つ先進的なエンジンを搭載することで、重量、加速、性能面で優れた能力を発揮します。高性能車は、空力的な構造、スティッキーなタイヤ、スマートなサスペンション、強化されたブレーキなどにより、その勢いを増しています。不凍液や冷却剤は、エンジンやその他のコンポーネントから発生する過剰な熱を管理するのに役立つため、高い需要があります。また、猛暑の中でのオーバーヒートや冬場の凍結から冷却システムを保護するためにも有効です。錆や腐食、エンジンの故障を防ぎ、エンジン部品の寿命を延ばす効果もあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]