デメララシュガーの市場規模、2027年に106億3527万米ドル到達予測

デメララシュガーの市場規模は、2019年の73億588万米ドルからCAGR4.9%で成長し、2027年には106億3527万米ドルに達すると予測されています。デメララシュガーはサトウキビ由来の大粒の砂糖で、焼くと甘くて歯ごたえのある食感が得られます。主にケーキやマフィンのデコレーション用のスプリンクルとして使用されます。また、コーヒーや紅茶に入れることもできます。デメララシュガーには少量の糖蜜が含まれており、これが薄茶の色とキャラメルのような味を出しています。また、上白糖(96~98%)に比べてショ糖の含有量がかなり少なく(88~93%)、マンガン、マグネシウム、亜鉛、クロム、コバルトなどの重要なミネラルが含まれています。デメララシュガーの原産地は南米のガイアナですが、現在流通しているもののほとんどはアフリカのモーリシャス産のものです。さらに、食品分野で利用が増えていることも、主要な市場プレーヤーに有利な機会を提供しています。

2020年から2027年のデメララシュガー市場は、アジア太平洋地域がCAGR5.2%で成長すると予想されています。食品、医薬品・栄養補助食品、飲料などの様々な最終用途産業からの需要の増加が、市場の成長を後押しすると考えられます。

COVID-19のデメララシュガー市場への影響

食品・飲料は主要産業の一つであり、COVID-19パンデミックの影響で、サプライチェーンの分断、テクノロジーイベントの中止、オフィスの閉鎖などの深刻な混乱に見舞われています。工場の操業停止、サプライチェーンの障害、世界経済の低迷が、デメララシュガー市場全体の成長を抑制しています。

デメララシュガーのベーキング用途の拡大が市場成長を牽引

デメララシュガーは、加工を最小限に抑えたサトウキビの粗糖の一種です。琥珀色をした大粒の砂糖で、主に飾り付け用の材料として使用されます。製パン業界では、マフィン、スコーン、クッキー、ケーキなどの焼き菓子のトッピングやクラムに使用されています。デメララにはほのかな糖蜜の味があり、通常の白砂糖よりも風合いがあります。また、焼き菓子を柔らかくしっとりと仕上げることができます。砂糖は水分の保持を助けるので、クッキー、マフィン、ブラウニー、フロストなどの製品の乾燥を防ぎます。さらに、ベーキング用途に広く使用され、柔らかさ、色や風味、歯ごたえを加えることが出来ます。適量のカルシウムとマグネシウムが含まれており、ビタミンB3、B5、B6も含まれています。デメララシュガーは、サトウキビが本来持っているビタミンやミネラルを保持するのに役立つことでも知られています。デメララシュガーの健康上の利点が、様々なレシピへの需要を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]