ナースコールシステムの市場規模、2027年に32億4334万米ドル到達予測

ナースコールシステムの市場規模は、2019年の13億4270万米ドルからCAGR11.5%で成長し、2027年には32億4334万米ドルに達すると予測されています。ナースコールシステムは、医療上の緊急事態や治療の必要性が生じた場合に、看護師に警告を発するように構成されています。これらのシステムは、看護師と患者の間の単一の連絡手段であり、患者がボタンを押すと、ナースデスクのコールライトが作動し、音が鳴ります。また、これらのシステムは、特に老人ホームや介護施設で患者を監視し、起こりうる出来事を知らせるためにも使用されます。

市場は、機器、技術、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されます。地域別には、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米などに分類されます。

ナースコールシステムは、患者と看護師間の信頼性の高い、柔軟なコミュニケーションを可能にします。患者数の増加や、質の高いケアを実現するためのコミュニケーション、ワークフロー、新しいシステムが、市場の成長を支えています。ナースコールシステム市場では、技術の変化やトレンドに大きく左右されながら、プレーヤーは革新的なシステムを開発することができます。このような技術の変化は、市場参加者に製品の改良を促す要因となっています。革新的な製品は、良い結果をもたらし、より良い生活に役立ちます。ナースコールシステム市場では、多数の市場関係者が様々な活動に取り組んでおり、業界は統合されています。

COVID-19パンデミックは、ナースコールシステム市場に大きな影響を与えると推測されます。医療サービスへのニーズの高まりやCOVID-19患者の増加により、医療インフラが拡大し、医師、看護師、患者間のコミュニケーションを改善するために、ナースコールシステムの需要が高まっています。ナースコールシステムは、COVID-19パンデミックの被害が大きかった国の一つである米国で、高い成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]