パルスオキシメータの市場規模、2027年に36億9392万米ドル到達予測

パルスオキシメータの市場規模は、2019年の18億9200万米ドルからCAGR8.6%で成長し、2027年には36億9392万米ドルに達すると予測されています。パルスオキシメーターは、血液中の酸素飽和度をモニターするための非侵襲的な機器です。パルスオキシメーターは、血液中の酸素飽和度をモニターするための非侵襲的な機器で、指や耳たぶに装着するクリップ状の小型機器です。集中治療室、手術室、救急治療室、高所にいる患者の酸素濃度を測定し、酸素補給の必要性を判断するために使用されます。さらに、パルスオキシメータは、心臓疾患、呼吸器疾患、慢性閉塞性肺疾患などの患者にも有用です。

呼吸器系疾患の罹患率の増加が市場の成長を促進

呼吸器系疾患の増加は、年齢の上昇に伴う上気道内腔の縮小に関連しています。世界的に見ても、多くの人々が様々な種類の呼吸器疾患に苦しんでいます。呼吸器疾患の原因としては、喫煙、遺伝的要因、感染症などが挙げられます。慢性閉塞性肺疾患(COPD)、睡眠時無呼吸症候群、不整脈、虚血性疾患、糖尿病、高血圧症、喘息などは、各国の公的医療制度に大きな負担をかけています。米国肺協会によると、COPDは米国における死因の第3位であり、1640万人以上がこの疾患と診断されています。また、米国保健社会福祉省によると、2019年には米国で約2500万人が喘息を患っており、世界で最も一般的な呼吸器疾患の一つとなっています。これらの呼吸器疾患に罹患している患者は、一般的に呼吸困難や酸素不足を経験します。パルスオキシメーターは、酸素飽和度を測定するための非侵襲的で安全な方法を提供します。

また、COVID-19の患者数が世界的に増加していることも、パルスオキシメータの需要を押し上げています。COVID-19患者の治療では、呼吸パラメータの継続的なモニタリングが重要な段階の一つとなります。そのため、COVID-19患者の正確な管理と治療のために、医療従事者はパルスオキシメータやその他の多項目モニターに依存しています。さらに、様々なタイプのパルスオキシメータ機器が家庭での日常的なモニタリングに広く使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]