税務ソフトウェアの市場規模、2027年に248億米ドルへCOVID-19パンデミックによる市場への影響とは?

【税務ソフトウェア市場は2020年から2027年までの期間中11.2%のCAGRで成長】

デジタル化の台頭により、世界の税務ソフトウェア市場は、2027年までに248億米ドルに達する見込みです。2020年から2027年の予測期間中、税務ソフトウェア市場は11.2%のCAGRで拡大すると予測されます。地域間のデジタル化により、企業は手動のビジネスプロセスを削減し、自動化されたプロセスを実装して生産性を高め、効率的なビジネス成果を達成するための高度なテクノロジーを採用しています。インターネットやデスクトップ、スマートフォンなどのプラットフォームにより、納税者はリモートによる確定申告や納税が可能になり、納税所へ出向く必要がなくなりました。営利企業や個人などのエンドユーザーは、税務プロセスを自動化し、手作業による税の算出を減らすため、税務ソフトウェアを採用しています。また、税務ソフトウェアは納税者の情報登録を可能にします。情報は自動的に納税申告書に入力され、自動的な計算も可能です。

税務ソフトウェアはクライアントの全体的な財務状況をすばやく確認し、保険や投資商品、または監査、簿記、さらには包括的な財務計画など、必要となる可能性のある他のサービスを提案します。このアプローチにより発生しうる追加収益は、多くの場合で相当な金額に上る可能性があります。また、膨大な情報がデジタル形式で利用できるようになったため、確定申告書類作成プロセスがより迅速かつ効率的になりました。これにより、税務担当者は、数字をすべて手動で入力する代わりに、ワンクリックで個人の財務ソフトウェアから税務申告書に直接顧客データをインポートできるようになります。

個人資産管理ツールQuickenとウェブベースの無料個人資産管理サービスMint.comは、現在市場で入手可能な限られた税務ソフトウェアです。電子署名はクライアントの許可を得て入力されているため、多くの場合、クライアントが会計事務所に物理的に出向く必要はありません。さらに、納税者が簡単に税金を電子申告できるモバイルアプリが利用可能になりました。このように、納税システムのデジタル化は、さまざまな業界での税務ソフトウェアの成長を促進すると期待されています。

世界の税務ソフトウェア市場は、非常に定評のあるプレイヤーが集中しています。主要企業の一部として、Avalara、Inc.、SageGroup plc、Thomson Reuters Corporation、Vertex、Inc.、Wolters Kluwer (cch incorporated)、Xero Limited、Chetu Inc.、Drake Software、H&R Block、Intuit Inc.などが挙げられます。

税務ソフトウェア市場への新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、北米地域でソフトウェア業界を含むさまざまな業界に影響を与えており、ITとテクノロジーの支出に直接的な影響を及ぼしています。米国の戦略国際問題研究所(CSIS)によると、COVID-19の影響により、米国は第2四半期にGDPの縮小を経験すると予測されています。また、国連貿易開発会議(UNCTAS)によると、外国直接投資(FDI)のフローは、2008年から2009年の金融危機以来の最低レベルとなる5〜15%まで低下する可能性があります。2020年3月、米国のトランプ大統領は、COVID-19の影響を強く受けている米国の納税者に対する救済措置法案に署名しました。新型コロナウイルス感染症の発生は、市場に限定的で短期的な影響を与える見通しです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]