ハンドサニタイザー市場、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)蔓延による手指消毒剤の需要が高まり急成長中

【2027年までの予測期間中40.0%のCAGRにて市場を拡大する見込み】

世界のハンドサニタイザー(手指消毒剤)の市場規模は、2018年に24億2,110万米ドルに達し、2027年までに392億2,310万米ドルになる見込みです。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延によりハンドサニタイザーの需要が高まっており、2019年から2027年の予測期間中に40.0%のCAGR (年平均成長率)で市場を拡大すると予測されています。

ハンドサニタイザー(手指消毒剤)は、手と手のひらに存在する感染物質を減らすために使用される液体です。泡状消毒剤、ジェル状消毒剤、ワイプ、スプレー消毒剤など、さまざまな形態のハンドサニタイザーが市場で入手できます。ほぼすべての市場参入企業がアルコールベースの手指消毒剤およびノンアルコール手指消毒剤を提供しています。これらの消毒剤は、最も一般的な細菌の99.9%を殺し、手を清潔に保ちます。一部のメーカーは、泡状消毒剤とビタミンEを含むジェル状消毒剤、一般的な細菌のほとんどを殺しながらも手を柔らかく清潔に保つシアエキスを含む製品を提供しています。アルコール含有量と相まって、ジェルベースの手指消毒剤は、病気を引き起こす可能性のある最も一般的な細菌を殺します。ジェル状消毒剤は、病院、レストラン、教育機関、家庭、ショッピングモール、映画館などで幅広く使用されています。手指消毒ワイプは、抗菌ワイプとしても知られています。これは、細菌の99%を殺すためのもので、ほぼすべてのワイプ製品にアルコールが含まれています。

タイプ別では、アルコールセグメントが2018年に最大シェアを占めました。アルコールベースの手指消毒剤は、60%から95%のアルコールを含む製品が最も効果的です。通常、イソプロピルアルコール、エタノール(エチルアルコール)またはn-プロパノールの組み合わせを含みます。一般的に、このタイプのハンドサニタイザーは、微生物の殺菌に効果的であり、石鹸や水よりも耐性があります。また、アルコールを使用したハンドサニタイザーは、さまざまな微生物に対して作用しますが、胞子に対しての作用はありません。一部の製品には、皮膚の乾燥を防ぐためにグリセロールなどの化合物が含まれています。

1980年代以降、アルコールベースのハンドサニタイザーは欧州で一般的に使用されています。アルコールベースの手指消毒剤は、細菌から健康を守るために必要とされる最も安全で効果的な医薬品として、世界保健機関(WHO)の必須医薬品のリストに含まれています。病院や診療所などの医療機関では、細菌を殺すための最適なアルコール濃度は70%から95%です。東テネシー州立大学の研究者によると、米国では40%という低濃度のアルコールベースハンドサニタイザーが市販店で入手可能です。米国では、米国食品医薬品局(FDA)がヒトの疾患を予防するための局所抗菌使用を目的とした抗菌ハンドソープと消毒剤を市販薬(OTC)として管理しています。

世界のハンドサニタイザー市場 - 地域別 2018年

(画像:世界のハンドサニタイザー市場 – 地域別 2018年)

世界のハンドサニタイザー(手指消毒剤)の主要企業の一部として、Henkel AG & Company、KGAA、Unilever、The Himalayan Drug Company、Ecolab、3M、Godrej Industries Limited、GOJO Industries, Inc.、Procter & Gamble、Reckitt Benckiser Group plc.、S. C. Johnson & Son, Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]